2008年4月17日 (木)

歯茎の色はミスユニバースには

無関係なのかのう。こんなことを述べると何やら誤解されそうじゃが、差し歯で金属が腐食して黒くなるのか、歯槽膿漏なのか、ヘビースモーカーなのか、しらん。奥歯の歯茎は見えんから、どうということはないかもしれん。じゃが、前歯はちょっとマイナスじゃろ。中山Mとかいう女優の妹がおったのう。中山Sじゃったかのう。可哀想じゃから、名前はアルファベットじゃ。「ピンク色の歯茎」といった感じのナレーションを自らしながら、口元に指を示していうような歯磨き粉のテレビCMが流れていたのじゃ。1、2年前じゃろうかのう。じゃが、彼女の指の先にはピンクではなく、黒い隙間の恐らく差し歯じゃろうと思われる歯茎が覗いておった。程なくして、CMは流れなくなった。何で事務所も、広告代理店も、黒いことに気がなかったのかのう。歯磨き粉の広報宣伝担当役員か、代表取締役の趣味だったかしらん。女優じゃから、仕方ないが、ちょっと可哀想な感じじゃった。さて、ミスユニバースはどうなのかのう。欧米先進国は、小さい頃から、歯列矯正などをして、ピンク色で綺麗な歯並びの女子がいっぱいじゃ。日本はどうかのう。拙者の目の錯覚かもしれんが、何かピンク色でない、ドドメ色のようなモノが見えた気がする。気がするだけかもしれん。きっと気がするだけじゃろう。もう一つ、ミスユニバースって美人が選ばれるんじゃよな。この前の準ミスくらいに選ばれたソフィア出身の女性は、まあまあとしても、直近で優勝したダンサーは、美人なのかのう。恐らく毛唐の好みじゃったのじゃないかのう。日本国内では到底通用するようには思えんのじゃが、これも拙者の趣味が、古いせいじゃろうな。きっと。拙者は、大和撫子が好みじゃからのう。すまんのう。与太話で。サユリストじゃからのう。花山大吉

| | コメント (0)