« 電力料金の基本料金を廃止し | トップページ | アングロアメリカは鬼畜の国 »

2012年2月 8日 (水)

ゲーム亡国論

以前も書いたが、ネットゲームにしろ、ビデオゲームにしろ、テレビゲームにしろじゃが、これらを総称した電子ゲームは恐らく国を滅ぼすじゃろう。理由は簡単。人は現実での実体験や実践を疎かにし、中にはゲームと現実の区別が付かなくなるものや、現実から逃避したり、ゲーム中毒になるものも出てくるからじゃ。そりゃたのしいじゃろうよ。じゃが人間は生き物で、生き物は体を動かして考え、肉体と精神が発達するからじゃ。体が発熱し汗が出ないものにいくら集中したところでろくなモノが生み出されない。頭だけで考える輩が、原発を作り出したのと同じ。グリーやらディーエヌエーやら、無料をうたうネットゲーム(実際にはやり始めれば課金システムにすぐに引っかかる)が鼻息あらいらしいが、こんなモノをいくらやったとて腹は満腹にならんしこんなことで稼いだ泡銭は多分まともな使い方はされまい。近い将来大きな社会問題化するのはまちがいなかろうな。こんなことで金を稼いではならん。若者よそして日本人よ、携帯ゲームをやめて、本を読め、そして外へ出て歩き回れ。本当の娯楽はその先にある。腹も心も満たしてくれる娯楽がな。花山大吉

|

« 電力料金の基本料金を廃止し | トップページ | アングロアメリカは鬼畜の国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電力料金の基本料金を廃止し | トップページ | アングロアメリカは鬼畜の国 »