« 八ッ場ダムと原発と太平洋戦争は同じ | トップページ | 文部科学省SPEEDIの責任者は万死に値する »

2011年12月23日 (金)

ダンジャリやらものを捨てるのが流行じゃが

本当にそのまま生きられる人はほんのひとにぎりで、ほとんどが元に戻ってしまう。電通がからんでおって、捨ててしまったモノの新しい奴を買い直させるという寸法じゃ。生きることはシンプルなことであるが、生活することは複雑なことの繰り返しじゃ。人間には欲望がある。それをいい形で進展させることができなければ、人間は進歩せん。モノを捨てるのはスクラップアンドビルドじゃ。仮にやるならばユックリと少しずつ要らないものを人に差し上げたり、すべきじゃ。ダンジャリは似非じゃな。安易に真似すると、太平洋戦争や原発や八ッ場ダムと同じ道を辿る。しっかりと自分の生き方を見据えることじゃ。花山大吉

|

« 八ッ場ダムと原発と太平洋戦争は同じ | トップページ | 文部科学省SPEEDIの責任者は万死に値する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八ッ場ダムと原発と太平洋戦争は同じ | トップページ | 文部科学省SPEEDIの責任者は万死に値する »