« 吉田昌郎所長は週刊朝日のネタ元では | トップページ | NHKと電通は仕事上手で »

2011年11月30日 (水)

田中聡は確信犯

だとおもったのう。第一報を耳にしたときは。防衛省にも基地問題を抜本的に考え直す、国防を根本的に考え直す、日米安保をゼロから見直す気概のある役人がでてきたかと思うたわい。それには手始めに普天間飛行場の移設を潰すのがいいからじゃ。しかし、内容の詳細がわかるにつれ、ただの救いがたい馬鹿でしかないことがわかった。勉強だけできる馬鹿。この手合いが増えとる。国民に食わせて貰っとる癖に国民のことを考えない非国民である。日本の役人は無理じゃからアメリカ国防省にでもつとめたらどうじゃ、アメリカをむいて仕事しとるんじゃからさ。ここでいいことをおもいついたわい。原発は前から何度も書いておるが、核弾頭製造の能力を維持するために存在する。じゃがロケット技術と合わせるにしても実際に攻め込まれたら間に合わん。役人の考えることはいつも意味がない。そこでじゃ、霞ヶ関のど真ん中か市ヶ谷防衛省の地下に、核弾頭の製造保管発射基地をつくるというのはどうかのう。その代わり原発はすべて廃炉じゃ。そこの従業員は原発代替エネルギーと核弾頭製造維持管理研究開発で吸収するんじゃ。核弾頭はやはり日本の中枢部で持つ必要がある。尻の下に原爆があると、役人も緊張して仕事ができるじゃろう。手抜きやいい加減なことしたら日本は終わるからのう。原発も新宿かお台場あたりがよかろうな。どうしてもつくりたいならな。勝俣さんあんたはもう引退しなさい。晩節はもう十分汚しとるから、これ以上汚してもせんないからのう。花山大吉

|

« 吉田昌郎所長は週刊朝日のネタ元では | トップページ | NHKと電通は仕事上手で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉田昌郎所長は週刊朝日のネタ元では | トップページ | NHKと電通は仕事上手で »