« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月 5日 (金)

二度と、お前らに好き勝手はさせん

ぞ。政治屋、官僚屋、産業屋、原子力屋(研究者とプラントと電力会社)がおまえらじゃな。それと、石原さん、老い先短いあんたが、東京都の水道水を飲んで安全性をPRしたところで無意味じゃ。それもたったコップ一杯じゃ、あんたみたいな爺の小便みたいなもの。恐らく家では放射線量ゼロの安全なミネラルウォーターを飲んでるのは間違いなかろう。あんたはそういう人間じゃからのう。

今回の経産省の更迭人事じゃが、それプラス減給と天下りを20年間禁止にしなければ意味はないぞえ。菅さんはわかっておるのかのう。旧通産省時代からあそこは腐っておる。四人組やら熊谷弘やらのう。そうそう、あのときも確か地熱発電がらみの経済事件があったはずじゃ。準大手ゼネコンから巨額の金を引き出して、それが小沢一郎らの新党結成資金になって、地熱発電が頓挫したから、それにNEDOの債務保証を付けさせて、外資から資金を融通しようとしたが、内藤さんがそれを阻止し、その内藤のクビを熊谷が、棚橋ジュニアに対する箔付け人事を理由に解任したというあれじゃ。高島やら、内田やら、秘書のクマヒデヨやら他界しとるから、もう誰もしゃべらんじゃろうがな。おっと熊谷が生きとったかな。

それと、元TBSにいた広報官やらやっとる太鼓持ちは、辞めさせんといかん。なぜTBSを辞めた理由は、オウム事件で飛ばし報道をやり、嘘を捏造し思い込み報道をやったからじゃ。それが内閣におりとは何事かということじゃ。人を信用できんというのは辛いことじゃな。花山大吉

| | コメント (0)

2011年8月 3日 (水)

311クラスの地震が再度来たら福島第一原発は終わる

旨、東大の教授がいうておるらしいて。耐震補強工事と防潮堤の整備を急げとも言うておるらしいが、前に拙者が指摘したとおりじゃろう。まあ、公に指摘されたからまだましじゃが、遅いのう。この国は奈落へ転げ落ちるかもしれんのに、政治屋も官僚屋も産業屋も緊張感がない。読売や新潮にも記事が出とるが、幼稚園児や小中学生での転校や県外脱出が急増しておるらしい。そりゃそうじゃろう。国も東電も経産省も保安院も、何一つ信用できんからのう。この行動を侮ってはならん。国民が、自ら考えて行動を起こしたこの意味は大きい。政治屋も官僚屋も産業屋も、これまでのような態度で国民や消費者を嘗めておると、とんでもないしっぺ返しをくらうはずじゃ。選挙民の投票だったり、日々の消費活動や生活だったり、既成事実化が目的だった市民参加の意見募集やイベントやヒアリング等、これまで国民消費者が面倒に考えてきた活動に対して、積極的な参加が予想されるからじゃ。意見やクレームはこれまでの比ではあるまい。これまで黙ってきた結果がこれじゃからな。引っ越したり、転校させたりする煩わしさ、その費用と労力。その大本の原因である放射能と原発への不安と心配。それらに比べれば、先述の選挙への投票を始めとした活動はトルに足らない積極活動じゃ。あのときちゃんと考えて行動しておけばよかった、投票すればこうはならなかったという後悔じゃな。自民党が勝つこともないし、民主党が勝つこともないじゃろう。政治屋、官僚屋、産業屋はこころしてかからんと、多分自滅するじゃろ。日本国民を馬鹿にしたら大変なことになる。もう後戻りはできん。原発や天下りや利権政治を考えておる輩は自滅するじゃろ。誰一人としてそんな繁栄は望んでおらんからな。健康に生きて、人生を全うする。そこから考えるように性根を改めんといかん。花山大吉

| | コメント (0)

2011年8月 2日 (火)

古川康は佐賀県知事を辞めるしか

ござらん。あの爬虫類のような目は、信用するに値せん。鹿児島ラ・サールから東大法学部を経て自治省へ入ったが、やはりただ勉強ができただけの大馬鹿でござった。お主みたいな輩が国を滅ぼす。蛇みたいな顔じゃが、致死量の放射能を浴びても一族郎党は生きながらえると考えておるらしいて。例え爬虫類でも無理じゃな。頭が悪い上に、国民と県民を嘗めきっておる。プルサーマルをその蛇みたいな肉体で試してみるがよかろう。ラ・サールも東大法学部もゴミ共ばかり。命と金のどちらが大事かわからん糞ばかり。中曽根や正力以来、頭の中身が進歩しとらん。笑えん話じゃのう。あの東電小学生も臭いのう。花山大吉

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »