« 「原発の恩恵を受けた我々」という言い回しには大いに疑問 | トップページ | 汚染飼料を肉牛に与えた畜産農家は責を負わねば »

2011年7月13日 (水)

東電・勝俣やら九電・眞鍋が守ろう

としておるのは何じゃろうな。国民が危機に、日本の未来を背負う子供たちが放射能の危険に曝され、多かれ少なかれ内部・外部被爆し、民族存亡の危機にあるというに、あの輩は、どこを向いて何を守ろうとしておるんじゃろうか。健康な日本人が一人もいなくなり、国家が体をなさなくなっても電力会社と原発村を守ろうとしておるのかのう。はっきりいうて核弾頭を造ることなどできんし、国防を担っておるような錯覚に陥っているとしたら早く夢から覚めたほうがええ。株主も銀行もな~んにもなくなってもええんかのう。やらせめーるをやれば、どこかから漏れることくらいわからんかのう。それがわからんくらい驕っていたのかのう。上意下達がしっかりとして、下請けや子会社が言うことを聞くと思っておったのかのう。とすれば、かなりの低脳でござる。そんな低脳共に原発みたいな怪物を扱わせていたんじゃから恐ろしいことじゃのう。もうおしまいじゃよ。熱中症で亡くなる方はお気の毒じゃが、こんな低脳共に任せた自分を恨むしかなかろうて。誰もいない日本列島に、原発だけあればいいのかのう。勝俣や眞鍋に子や孫はおらんおかのう。海外に退避させとるのかのう。もしそうなら地獄で閻魔様が待っておるじゃろうな。ドロドロに燃えたぎる核燃料の釜がまっとるんじゃろうかのう。クボリとかいう企業の法的整理に長けた弁護士が、東電に会社更正法を申請させるよう活動するようじゃな。応援しようかのう。花山大吉

|

« 「原発の恩恵を受けた我々」という言い回しには大いに疑問 | トップページ | 汚染飼料を肉牛に与えた畜産農家は責を負わねば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「原発の恩恵を受けた我々」という言い回しには大いに疑問 | トップページ | 汚染飼料を肉牛に与えた畜産農家は責を負わねば »