« 中国の広州で暴動が起きた | トップページ | 前にも言うたが核燃料は地底に落ちつつあるようじゃ »

2011年6月17日 (金)

お里が知れたIMF。消費税率は、

食品生活必需品ゼロ%、輸出戻し税廃止、米国債売却、宗教法人非課税撤廃、政府開発援助無期限停止、米軍思いやり予算無期限停止、官僚の無駄遣い削り取り、などをやった後

じゃわい。なんと人の台所を覗きに来て日本の消費税を15%に上げろじゃとさ。これは米国債のデフォルトと直結した話じゃ。もう米国は債権をこれ以上発行できん状態にござる。アメリカはもう借金で首が回らなくなっていて、見掛けは豊かそうに見えたアメリカの生活が、グズグズの深い沼の上にあったということじゃのう。週刊エコノミストじゃったかな、日本は米国債を売ればいい、という様なことを記事化しておったはずじゃ。もっともな話じゃ、巨額の米国債を日本は保有しておるからのう。亡くなった橋龍が、口を滑らせて米国債に言及した途端、米国債が暴落したことがあったと記憶しておる。日本が最大の引き受け手じゃからな。いつ売ったっていいんじゃよ。だって債権なんじゃから。買い手は強気に出てないいんじゃ。ところが敗戦国の弱みにつけ込まれて、思いやり予算はとられるわ、米軍基地は供出させられるわ、米兵やその妻子に悪事を働かれても、地位協定が盾となって捜査すら進まない状況がござる。核排水処理もアメリカやフランスが持つ技術はろくでもない。それをありがたがる政府や東電はどうかしておるよ。

話が逸れたわい。まず米国債を売らないでほしいと頭を下げるのが先じゃな。消費税率の話は、人の家の米櫃に手を突っ込む話じゃ。米国債の売却、政府開発援助無期限凍結が先じゃな。でなくては世界各国からの震災被災地復興支援に顔向けができんじゃろ。消費税率に関しては、官僚の無駄遣いをすべて削り取ってからじゃ。そして生活必需品や食料品の税率はゼロにすること。税率上げは、嗜好品や自動車、環境負荷の高いもの、高級品に掛けること。さらに輸出戻し税を廃止することじゃ。トヨタやキヤノンは、物品税がなくなって消費税が導入されてから一度たりとも消費税を納税せず、輸出戻し税で潤っておる。豊田市税務署の収支を御覧あれ。ネットで確認できるからのう。大企業から取らんでどうする。それから宗教法人の非課税分を無期限に停止することも忘れてはならん。拙者は宗教を否定するものではないが、営利追求団体と変わらんから、税を徴収するだけのこと。それから消費税率を上げるがいい。与謝野の死に損ないも官僚に「政策通」とヨイショされていい気になっておるが、ただの原発バカじゃからのう。官僚は、担ぎやすい御輿をヨイショするだけのことで、話を聞けば聞くほど政策通でもなんでもない、業界の代弁をしているだけであることがわかるじゃろ。花山大吉

|

« 中国の広州で暴動が起きた | トップページ | 前にも言うたが核燃料は地底に落ちつつあるようじゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国の広州で暴動が起きた | トップページ | 前にも言うたが核燃料は地底に落ちつつあるようじゃ »