« 入市被曝(被爆ではない)みたいなことにならなければええんじゃがのう。 | トップページ | 小笠原住民を食わせる為の世界遺産は不要 »

2011年6月29日 (水)

東京電力は解体する

じゃろ。今朝、K大学のK教授も仰っておったが、原発推進派も脱原発派も知っておく必要があるのは、原発がとてつもないコストがかかるということじゃ。話の流れからすれば、推進派に言い聞かせているようじゃった。見かけ倒しのコスト安は、永い未来への付け回しじゃからのう。債権放棄は当然で、法的整理をする以外にない。誰も言い出せないだけじゃ。東電OBの年金なんか消し飛んでしまうじゃろ。東電を解体しないで税金を当てたら政府が吹き飛ぶ。メガバンクトップも取引先の株主も株券が紙屑になることを覚悟したほうがええ。脱原発を数の論理で否決したとはいえ、国を支えておるのは国民じゃ。個人株主の声は国民の声でござる。例え株主総会で否決されたとしても、国民は東電の原発推進にNOでござる。機関投資家や持たれ合い株主は、金を回収したいだけじゃから、全く大儀がない。こうした大儀なき株主の子や孫が癌で亡くなり、誰もいなくなったところに、あるのは金だけという、愚かなロジックがわかったおらん。勝俣や武藤や斑目や枝野や原発村は、一族もろとも、福島第一原発の敷地に引っ越して貰いたいのう。そのくらいやらんと、信用できんからのう。花山大吉

|

« 入市被曝(被爆ではない)みたいなことにならなければええんじゃがのう。 | トップページ | 小笠原住民を食わせる為の世界遺産は不要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 入市被曝(被爆ではない)みたいなことにならなければええんじゃがのう。 | トップページ | 小笠原住民を食わせる為の世界遺産は不要 »