« お里が知れたIMF。消費税率は、 | トップページ | 風評被害か内部被曝か »

2011年6月20日 (月)

前にも言うたが核燃料は地底に落ちつつあるようじゃ

な。汚染水処理は日本企業に任せればよかったにのう。しかし高濃度についてまたも想定外とは低脳極まる東電幹部と技術者。最悪を想定する訓練してこなかったつけじゃが、国民につけ回されるのは許されん。

ところでじゃ。今、仮に東日本大震災と同規模の地震が同じ地域で起きたらどうなるかというと、福島第一原発はもう人間の手には全く負えなくなる。津波対策や震災対策より、核燃料の冷却に力を注いできたからじゃ。はっきりいうて、ほかはなにもやっておらんから、波はかなり被るし、注水やらのいろんな特殊車両は流されるじゃろう。すると今度こそ日本は終わってしまうかもしれん。政府も東電もそうならんように何とかせにゃいかん。

全電源停止は、津波のせいじゃのうて、受電用うの鉄塔が倒れたからだと東電は非を認めた。耐震設計があまかっただけなんじゃ。東電の歴代幹部に核燃料溶落防止の近ダムを掘らせたいのう。花山大吉

|

« お里が知れたIMF。消費税率は、 | トップページ | 風評被害か内部被曝か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お里が知れたIMF。消費税率は、 | トップページ | 風評被害か内部被曝か »