« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月29日 (水)

小笠原住民を食わせる為の世界遺産は不要

でござる。真に自然保護を目指すのであれば、そこに観光客を呼ぶ必要はござらん。環境意識のない人々にまで知って貰う必要もござらん。そういう人間が立ち入らないようにすべきであり、そこにユネスコの世界遺産登録などは逆に邪魔であり不要でござる。小笠原に住む人々の多くが本土からの移住。小笠原には観光資源と公共事業しか食う道はござらん。無闇に人が移住したために多くの観光客を呼び込まねばならん。沢山おひとがくれば、ゴミも屎尿も排気ガスも廃油も沢山出る。いくら減らすように工夫しても人が増えれば、元の木阿弥でござる。

ここ数年は小笠原への観光客も減っておったそうじゃ。世界遺産登録により多くの人々に知って貰って、観光客に来て貰うことが第一にござるろうなう。島の環境保全よりもそれが優先されておる。空港を造る計画は頓挫したはずじゃが、短時間で簡単に行けるような交通機関も不要じゃ。26時間船に揺られて行く根性と環境意識のない者は行ってはならん。

貴重な自然環境についての世界遺産ははっきり言ってやめてほしいのう。平泉やら歴史や文化遺産といった人間が過去に作り上げたモノや地域ならば登録も大歓迎じゃが、真に世界でも特異な自然環境であるならば、管理者や研究者を除いて一切の立ち入りを禁止すべきなんじゃ。移住者などもってのほかで、本土へ帰って貰わんとならん。

剣道が五輪競技にしてはならんというのと似ておる。柔道はただのスポーツになり下がってしまった。しかし剣道や合気道や居合道は絶対に五輪種目にはならん。それは、武道だからでござる。一般化できるものではなく、何人たりとも侵せない、精神世界、道の世界がそこにござる。そうした特異で貴重で大切なモノは絶対に人目にさらしてはならん。敵に勝つことではなく、その道で修行し、極め、悟る境地をめざしておるからじゃ。

世界でも貴重極まりない自然環境を多くの人々の目に触れさせることは映像程度でよかろう。世界遺産は、そこに住む人のためにあるようじゃのう。花山大吉

| | コメント (0)

東京電力は解体する

じゃろ。今朝、K大学のK教授も仰っておったが、原発推進派も脱原発派も知っておく必要があるのは、原発がとてつもないコストがかかるということじゃ。話の流れからすれば、推進派に言い聞かせているようじゃった。見かけ倒しのコスト安は、永い未来への付け回しじゃからのう。債権放棄は当然で、法的整理をする以外にない。誰も言い出せないだけじゃ。東電OBの年金なんか消し飛んでしまうじゃろ。東電を解体しないで税金を当てたら政府が吹き飛ぶ。メガバンクトップも取引先の株主も株券が紙屑になることを覚悟したほうがええ。脱原発を数の論理で否決したとはいえ、国を支えておるのは国民じゃ。個人株主の声は国民の声でござる。例え株主総会で否決されたとしても、国民は東電の原発推進にNOでござる。機関投資家や持たれ合い株主は、金を回収したいだけじゃから、全く大儀がない。こうした大儀なき株主の子や孫が癌で亡くなり、誰もいなくなったところに、あるのは金だけという、愚かなロジックがわかったおらん。勝俣や武藤や斑目や枝野や原発村は、一族もろとも、福島第一原発の敷地に引っ越して貰いたいのう。そのくらいやらんと、信用できんからのう。花山大吉

| | コメント (0)

2011年6月24日 (金)

入市被曝(被爆ではない)みたいなことにならなければええんじゃがのう。

被災地では二つの大きな懸念がござる。放射線とアスベストじゃ。被災された方々とボランティアの方々はこの二つに気を付けなければならん。広島と長崎に原爆が落とされた後に、残留放射線で被爆したとき、入市被爆と呼ぶことがござるが、入市被曝とならんのじゃろうか。線量が低いと言われておるが、その数値が信用できるという前提がなければならん。民間やマスコミやNGOも独自に線量を測定しておるから、それらである程度は納得できるかもしれん。しかし、放射線の外部被曝
にしろ内部被曝にしろ、アスベストの吸引にしろ、晩発性じゃから、それが心配じゃ。アスベストを用いた建物の解体は大丈夫じゃろうか。被災者の方々も、そして人助けに向かったボランティアの方々も、とても心配じゃ。花山大吉

| | コメント (0)

2011年6月23日 (木)

風評被害か内部被曝か

どちらか一つを切れ!と言われたら、小さな子供を周辺に持つ方なら、風評被害を切るじゃろ。母親父親は、精神的に追いつめられておる。確かに汚染された食材が安全な線量じゃといくら人に言われても、それを確認するには、シンチレーションカウンターで自ら測定するほかないからのう。すると、東電は、こうした親たちに精神的負担に対する慰謝料支払ったり、シンチレーションカウンターの代金を支払うべきじゃな。

すべては東京電力と原発村が悪じゃ。悪いのは彼らだけじゃないという向きもござ
るが、彼らはこの上なく唯我独尊にして狡猾じゃった。それに騙され載せられた報いもあろうが、彼らの報いと償いに比べて無きに等しい。彼らは一生を掛けて償わねばならない。脱原発ファッショなどと懸念する声もあるが、これまでが超のつく原発推進ファッショだったことからすれば、まだ足りないくらいじゃ。世の中を大きく方向転換させなければならないときは、もの凄く大きなエネルギーが必要じゃ。じゃから脱原発ファッショはまだまだ進めてよい。生き長らえるためには節電や生活スタイルを変えることを厭うものはおらん。バブルに似た怠惰に便利な生活を欲する者は、もう自ら生き抜く力を放棄したと解釈できるのう。花山大吉

| | コメント (0)

2011年6月20日 (月)

前にも言うたが核燃料は地底に落ちつつあるようじゃ

な。汚染水処理は日本企業に任せればよかったにのう。しかし高濃度についてまたも想定外とは低脳極まる東電幹部と技術者。最悪を想定する訓練してこなかったつけじゃが、国民につけ回されるのは許されん。

ところでじゃ。今、仮に東日本大震災と同規模の地震が同じ地域で起きたらどうなるかというと、福島第一原発はもう人間の手には全く負えなくなる。津波対策や震災対策より、核燃料の冷却に力を注いできたからじゃ。はっきりいうて、ほかはなにもやっておらんから、波はかなり被るし、注水やらのいろんな特殊車両は流されるじゃろう。すると今度こそ日本は終わってしまうかもしれん。政府も東電もそうならんように何とかせにゃいかん。

全電源停止は、津波のせいじゃのうて、受電用うの鉄塔が倒れたからだと東電は非を認めた。耐震設計があまかっただけなんじゃ。東電の歴代幹部に核燃料溶落防止の近ダムを掘らせたいのう。花山大吉

| | コメント (0)

2011年6月17日 (金)

お里が知れたIMF。消費税率は、

食品生活必需品ゼロ%、輸出戻し税廃止、米国債売却、宗教法人非課税撤廃、政府開発援助無期限停止、米軍思いやり予算無期限停止、官僚の無駄遣い削り取り、などをやった後

じゃわい。なんと人の台所を覗きに来て日本の消費税を15%に上げろじゃとさ。これは米国債のデフォルトと直結した話じゃ。もう米国は債権をこれ以上発行できん状態にござる。アメリカはもう借金で首が回らなくなっていて、見掛けは豊かそうに見えたアメリカの生活が、グズグズの深い沼の上にあったということじゃのう。週刊エコノミストじゃったかな、日本は米国債を売ればいい、という様なことを記事化しておったはずじゃ。もっともな話じゃ、巨額の米国債を日本は保有しておるからのう。亡くなった橋龍が、口を滑らせて米国債に言及した途端、米国債が暴落したことがあったと記憶しておる。日本が最大の引き受け手じゃからな。いつ売ったっていいんじゃよ。だって債権なんじゃから。買い手は強気に出てないいんじゃ。ところが敗戦国の弱みにつけ込まれて、思いやり予算はとられるわ、米軍基地は供出させられるわ、米兵やその妻子に悪事を働かれても、地位協定が盾となって捜査すら進まない状況がござる。核排水処理もアメリカやフランスが持つ技術はろくでもない。それをありがたがる政府や東電はどうかしておるよ。

話が逸れたわい。まず米国債を売らないでほしいと頭を下げるのが先じゃな。消費税率の話は、人の家の米櫃に手を突っ込む話じゃ。米国債の売却、政府開発援助無期限凍結が先じゃな。でなくては世界各国からの震災被災地復興支援に顔向けができんじゃろ。消費税率に関しては、官僚の無駄遣いをすべて削り取ってからじゃ。そして生活必需品や食料品の税率はゼロにすること。税率上げは、嗜好品や自動車、環境負荷の高いもの、高級品に掛けること。さらに輸出戻し税を廃止することじゃ。トヨタやキヤノンは、物品税がなくなって消費税が導入されてから一度たりとも消費税を納税せず、輸出戻し税で潤っておる。豊田市税務署の収支を御覧あれ。ネットで確認できるからのう。大企業から取らんでどうする。それから宗教法人の非課税分を無期限に停止することも忘れてはならん。拙者は宗教を否定するものではないが、営利追求団体と変わらんから、税を徴収するだけのこと。それから消費税率を上げるがいい。与謝野の死に損ないも官僚に「政策通」とヨイショされていい気になっておるが、ただの原発バカじゃからのう。官僚は、担ぎやすい御輿をヨイショするだけのことで、話を聞けば聞くほど政策通でもなんでもない、業界の代弁をしているだけであることがわかるじゃろ。花山大吉

| | コメント (0)

2011年6月14日 (火)

中国の広州で暴動が起きた

そうじゃが、チュニジアのジャスミン革命と構図は同じだけに、共産党一党独裁を突き崩すことができるか、期待が高まっておるのう。自由を求める民たちには頑張ってほしいのう。

イタリアが脱原発の国民投票を成立させた。マイクを向けられた若いイタリア人女性は「ゴミ処理すらできないこの国に原発なんか運転できるわけがないでしょう」じゃとさ。この冷静で洒落た台詞には痺れたわい。イタリアには原発はないがこれからも作らんらしい。ドイツもじゃし、余り言いたくない台詞じゃが、日独伊三国同盟になるかもしれんのう。原発のな。銀行が破綻しても街にゴミが溢れても平気なお国柄じゃが、この個人主義最優先国家の民は、いざというときしっかりと意志表明するだけにあっぱれじゃ。危険極まりない原発電力で脳天気に便利な生活をするより、安全安心な生活を選択したわけで、大した国民性じゃて。日本はどうかと言えば、怪しい部分もござるが、愚かな民は多いが、目覚めれば一気呵成じゃな。フランスは核廃棄物をロシアに捨てておるらしいのう。フランスは、歴史的にトイレのない文化が続いておるが、ヴェルサイユ宮殿ではおまるがつかわれておったはず。優雅さは見掛け倒しっちゅうことじゃな。トイレのないマンションが原発の代名詞になっとるが、フランスはどうするんじゃろうな。自国の核廃棄物をどうすることもできんらしい。汚染水処理も日本のほうが技術が上みたいじゃ。あ~あ、じゃな。

この前ここでNHKの民放化について記したが、どうやら国際放送やらもやっとるらしいのう。頼みもせんのに。受信料は、この場合誰から徴収するんかのう。多分。これはOB天下り対策じゃろう。要らん仕事をいっぱい作って生活を保証するわけじゃ。霞ヶ関の中央省庁と同じ精神構造じゃな。いっそのこと受信税を創設するのはどうじゃ。それは無理じゃろう。やはり民営化しかなさそうじゃのう。先細る電波広告で生きるんじゃよ。できるかのう。花山大吉

| | コメント (0)

2011年6月10日 (金)

AKB48がどうして大騒ぎされるのかのう。

全くわからんのう。まだ、少女時代やKARAならば、エロい出稼ぎ感に頷けることもあるんじゃが。あの手のプロデュースをするオヤジもどうかしておるじゃろう。オニャンコ時代から、ずーっとやっていることは同じで、若い女をネタに儲けているだけ。あわゆる女衒じゃろ。しかし、あんなのに金をつぎ込む日本男児もダサダサじゃよ。それでオヤジたちが金儲けしてるわけじゃが、いろんな意味で蛸壺に閉じ込められた蛸みたいじゃ。蛸が自分の足を食べているように見えてしまうんじゃよ。歳かのう。三島先生が亡くなられる前に仰ったように日本は落ちぶれた。大逆臣ばかりじゃよ。若者たちよ!みちのくへ行け!行けばわかる。花山大吉

| | コメント (0)

2011年6月 9日 (木)

DNAの女社長は夫の看病

を理由に辞任したはずじゃが、公取に狙われておったんじゃな。あー恥ずかし。大体、任天堂にしろ、ソニーにしろ、DNAにしろ、人間をダメにするゲーム産業はもう破綻してほしいのう。ゲームで腹が満たされることはないし、原発事故が収束することもないし、短い人生の貴重な時間を盗み取るだけじゃ。そんな仕事は国賊にほかならん。身体を動かして肌身で学ばなければ人間は成長せん。頭でわかった積もりになった輩ほど愚かな者はない。テレビとゲームは人類を白痴化させる。女社長は、大儀も親も滅っせなかったということかのう。小金も稼いだことじゃろうし、もう人前に成功者みたいな姿を晒すことはなかろうて。花山大吉

| | コメント (0)

受信料で民間企業を宣伝するNHKは完全民営化

すべきじゃろう。プロジェクトXやら、プロフェッショナルやら、果ては仕事ハッケン伝じゃとさ。清水建設やら、王将やら、ユニクロやら、ローソンやら、グーグルじゃかヤフーじゃかアマゾンじゃかしらん。タレントが別の人生を歩んでいたらどうだというのかのう。そんなことに興味も意味もなかろう。面白いなら、民放にやらせりゃええじゃろ。やりたいスタッフは転職すりゃええ。

何を言いたいかというとじゃ。企業宣伝を全国放送で受信料をコストに垂れ流しすひつようはないということじゃ。電通やらが裏で糸を引いておるのかもしれんな。毒饅頭も食ろうておるかもしれん。3させもあるかものう。のませる、だかせる、にぎらせるじゃったっけ。

バラエティー番組やらお笑い芸人の司会で、笑えない素人ネタを携帯で投稿させる番組もあったのう。投稿する者達は若者ばかりで受信料を払うておる者はおらんじゃろ。紅白の観覧応募資格と同様に、受信料を投稿基準にすべきじゃろう。また、タレントや役者、文化人等、すべての出演者にもそのチェックはすべきじゃろうな。ニュースで逮捕される犯人の映像みたいな輩は別じゃがのう。

それができないならば、完全民営化するがよかろう。前からNHKエンタープライズを初めとして、儲かっておる子会社、関連会社がたっくさんござるから、それも整理すべきじゃ。イヤなら民営化せんとならん。あるいはそうしたチャライものや、会社を解体して、完全な国営放送とするか、どちらかにせんとならん。予算には情報税とか受信税として徴収するんじゃな。

東日本大震災にしろ、福島第一原発事故にしろ、報道が偏っておる。国民に信頼される報道機関たりえておらん。

ニュースとドキュメンタリーと教養と生活情報(医療や家事や教育や福祉)のみとして、娯楽はなしじゃ。かなりスリム化できるし、省エネにもなる。民放と変わらんから、もう放送を止めるのも一興じゃな。大昔のようにラジオだけで生活することをお勧めするぞえ。なんか今日は気分的にイヤラシイ気持ちがするのう。あそうか、今日は6月9日じゃった。花山大吉

| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

燃料塊は格納容器も溶かし地底へ向かうじゃろうな。

宇宙飛行はもう止めようではないか。子供時代からの夢は夢でええが、宇宙への進出は、これまで繰り返してきた収奪資本主義の延長上ににござる。植民地、後進国、発展途上国、新興国と呼び名だけを体よく代えながら、先進国は、それらの人的資源や安い労働力を含めた、あらゆる資源の収奪を行い代わりにゴミや有害物(文化も含む)を押しつけてきたわけじゃが、その歴史と何ら変わりはござらん。焼き直しじゃ。宇宙で人間は生きていくことはできからのう。というと、では今宇宙ステーションで生活している人たちは生きていないのか?と疑問をもたれるかもしれん。そうじゃござらんよ。
拙者が言いたいのは、あそこにいる人たちの生活コストがいくらかということじゃ。そのコストは、地上生活する人たちをどれくらい養えるかということでござる。その犠牲の上に宇宙開発があるということじゃな。大富豪なら別じゃが、個人で費用を払っている宇宙飛行士はおらん。元を辿れば各国の税金じゃ。今は東北の、日本の復興が最優先じゃ。

さらに進化や退化の側面から想像するに、宇宙でずっと生活していくと、人間はきっと骨もなくなりぐにゃぐにゃのタコみたいになるじゃろうな。じゃって重力に耐える肉体構造は必要がないんじゃからさ。昔のSF作家が、タコみたいな火星人を描いたのは、そういうことなんじゃよ。タコみたいになりたいならそれは構わんが、そのうち突然変異で宇宙線やら放射線も平気な、というより放射線がなければ生きられないデスラー総統みたいな種族だって生まれる可能性も否定できん。遺伝子レベルで何らかの影響があることは間違いないからのう。何しろ宇宙はわからないことばかりじゃからな。はっきり言うて、宇宙開発いうても、実際には、宇宙で人間が生活することでどんな悪影響があるのかを調べる、これが最大の使命であって、宇宙の植民地化へむけた、本人も了解済みの人体実験にほかならんからのう。

宇宙開発と原子力開発は同根じゃ、軍需じゃ、つまり兵器じゃからな。平和利用じゃいうて学問として学ぶのはええが、地上でやることじゃ。また、というても実際には、宇宙実験の成果はほとんどないに等しく、こどもたちの理科実験や宇宙授業に資するのが関の山でなんじゃよ。それよりも地球の地底や海底を探査する事の方が重要じゃ。勿論、もの凄く水圧が掛かるためコストは宇宙以上にアップするが、地震発生や津波発生のメカニズムを解明し、防災に役立てることが最大の使命じゃ。これは軍需ではないため、宇宙や原子力とは同根でないことは自明じゃが、それゆえは資金が手当てがむずかしいんじゃ。財源じゃな。軍需は欲の固まりじゃから金は集まりやすい体質を持っとるが、安全について平時から金を掛けることができないのが人間じゃ。

話が長くなったのう。宇宙開発にしろ原子力開発にしろ、人間の手に負える代物ではござらん。人間の分を弁えることじゃ。これ以上。宇宙空間にゴミをまき散らすだけはやめてもらいたいのう。

大きく話が逸れたわい。福島第一原発は、炉心燃料棒のメルトダウンから、圧力容器の底が抜けたメルトスルーになっとるというが、そんなもんじゃなかろうて。恐らく格納容器の底も抜けておる可能性が高いぞえ。地下水汚染、海洋汚染は深刻化するはずじゃ。現在、核燃料はアンパンのように周りは冷やされて少し固まり、中は柔らかい状態だという報道もござった。じゃが、アンパンの底の方にまで水が回っていれば、それもわからんではないがのう。しかし燃料塊は溶岩のようにその底部を溶かし落ちていく(溶落)。コンクリートや岩盤を溶かし、地下水を蒸発させたりしながら、マグマに近づいていくんじゃなかろうかのう。溶けた燃料塊と同じかそれ以上の比重の物質レベルまで落ちなければ、その溶落は止まらないじゃろう。誤解をおそれずに言わせて貰うが、核燃料を回収することは不可能じゃからのう。放射性物質をまき散らしながら、重力の赴くまま地球の核に向かってどんどん溶け落ちるはずじゃ。新興国は、原発をこれからもやるらしいわい。“船乗りクプクプの冒険”を世界の人々に読ませたいのう。花山大吉

| | コメント (0)

2011年6月 3日 (金)

福島第一原発の吉田昌郎所長みたいな御仁が沢山いた

ら日本も頼もしい国になるんじゃがのう。日本各地にある原発の所長は、吉田さんクラスの人格者であることを願うばかりじゃ。東電の清算人か、解体後の新生東電の社長は、吉田さんしかおるまいて。花山大吉


| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »