« 東電幹部は6月の株主総会で総退陣して逃げるつもり | トップページ | 裁判長は、原発事故の責任に関して心しておく必要がござろうな。 »

2011年5月 2日 (月)

東電福島第一原発事故は第二の敗戦

でござる。日本が第二次世界大戦に突入したときの大本営発表とそれに拍車を掛けた新聞社。国民全員が正確な情報を得ることなく、一部の無責任な特権階級意識をもった輩により、日本国を破滅へ暴走させた点は全く同じでござる。加えて、当侍brで何度も言うておるように、原発は核兵器の製造能力を列強と並び世界へ誇示する手段でござった。作れるが作らないだけであり。原発が先進国の証しであるかの如く喧伝してきた。原発村の慢心にほかならんが、正力松太郎や中曽根が大きく関わった。もう敗戦はごめんじゃ。花山大吉

|

« 東電幹部は6月の株主総会で総退陣して逃げるつもり | トップページ | 裁判長は、原発事故の責任に関して心しておく必要がござろうな。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東電幹部は6月の株主総会で総退陣して逃げるつもり | トップページ | 裁判長は、原発事故の責任に関して心しておく必要がござろうな。 »