« マスコミに正確な情報を発表するだけでよい! | トップページ | 東京電力とブラックジャーナリストはべったり »

2011年4月18日 (月)

パチンコ屋と自販機による節電発言は何を意味するのか?

そう。あの知事による節電発言じゃが、当選早々になぜそんなことを言うかのう。いや拙者が申しておるのはその有効性ではないぞえ。やらないよりやったほうがいいじゃろうな。もともと大した社会性もなく、必要不可欠なものじゃないからのう。考えるべきは、パチンコ屋には、パチスロも入ると考えてよいはずということじゃ。もう感ののよい貴兄はおわかりじゃろう。そのとおりでござる。前にこの知事は、お台場にカジノを作るなどと宣っておった。カジノ合法化議員連盟みたいなのもあったのう。

知事のスポンサーは、確か大手パチスロメーカーで、その意向からカジノじゃなんじゃという話が盛り上がったわけでござる。そのパチスロを納入する店を閉めるとすれば、パチスロも売れないから、メーカーは困るのじゃろう。海外で稼ぐからよいというわけになるのかどうかは微妙じゃがね。

拙者はある動きがあったとみておる。普通なら、メーカーが、知事の応援から降りたとみるじゃろう。自販機を出してくるところもみそじゃ。賛同する都民や国民は多い居じゃろう。自販機業界や飲料業界は、実際に余り知事を支援しなかったのかもしれんな。節電のやり玉に上がった2業界は厳しいことになるかもしれん。そう見せかけておいて、節電に乗じてパチンコ屋は、かなり潰れるじゃろう。

飲料業界は、整理、合理化が進むはずじゃ。それを念頭に業界再編があるかもしれん。そしてパチンコ屋も、全国的に業界再編が進むことになる。パチスロメーカーとみせは、買い手の方が強い立場にあるが、店の経営が傾いたところで売り手のメーカーが登場するわけじゃ。なかなかの見立てじゃろう。これはみたてじゃなく、本当の話じゃよ。各々方気をつけることじゃ。花山大吉

|

« マスコミに正確な情報を発表するだけでよい! | トップページ | 東京電力とブラックジャーナリストはべったり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マスコミに正確な情報を発表するだけでよい! | トップページ | 東京電力とブラックジャーナリストはべったり »