« お里が知れた月刊経済誌Wが | トップページ | 少し前にNHKで恥を晒した若い母親が映っておった »

2009年10月 2日 (金)

反社会勢力と付き合う芸能事務所は上場してはならんじゃろう

な。関西の元お笑い芸人の1人が、新聞社系週刊誌を訴えたようじゃ。この芸能事務所は、反社会勢力と親密な関係にある現役ベテラン芸人を雇っておって、この芸人に元お笑い芸人が、脅迫状じゃか怪文書じゃかを送りつけたとする記事を掲載したのが、その週刊誌じゃったと。確か、記事を書いた御仁は、神戸の新聞社から、ウワシンへいき、週刊B、週刊Gを経て、フリーになったんじゃないかのう。以前から、反社会勢力企業の社長をネタ元にしておったようじゃ。その社長が行方不明になってから、その周辺をネタ元にしておるのかのう。週刊Gで、反社お笑い芸人とお笑い芸能事務所サイドに立った芸能事務所お家騒動の記事を書いたのは、自称小説家の御仁じゃが、その後、尻すぼみになっておる。反社をネタ元にするのは、別に悪くござらんし、それはやるべきでござる。じゃが、それに丸乗りしてはならん。反社の持つネタに対して、スクリーニングせにゃならん。取捨選択じゃ。誇張もあるし都合の悪いことは話さないのが反社じゃ。そして、彼らは、マスコミやライターを利用しようとしているわけで、背景に何らかの経済活動というか、金の動きが必ずある。それを見通して、話を聞き、相手に釘を刺さねばならん。それができんで、聞いたまま書くのでござれば、先の記者も、後の小説家も、「スクープでござい」とばかりの書き飛ばしをすべきではないぞえ。話を聞き、分析しなければ、意味は無い。元政治家の秘書で、フランスじゃかで事故にあった、政治ジャーナリストも同じような記事が多数ある。あの胃腸の弱い元首相に訴えられて、けつをまくり、逃げまくっておるらしいて。偉そうなことをいうのであれば、それだけ自分を律して、嘘を書かんことじゃ。花山大吉

|

« お里が知れた月刊経済誌Wが | トップページ | 少し前にNHKで恥を晒した若い母親が映っておった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お里が知れた月刊経済誌Wが | トップページ | 少し前にNHKで恥を晒した若い母親が映っておった »