« 社会主義で世襲とは笑止の極みでござる | トップページ | 週刊新潮の押し紙報道は新聞社への意趣返し »

2009年6月 9日 (火)

マスコミによく出ておるジャーナリストは信用できん

な。政治ジャーナリストの肩書で出るUTや経済ジャーナリストの肩書で出るおばさんOHは、全くの度素人じゃそうな。まあ、ゆうておることが以前からチグハグじゃったりするから、変じゃのうと思うておったわけじゃ。UTは経歴も詐称しておるらしいし、裏も取らずに記事を書くんじゃと。おばさんOHは、わかった振りして、適当なことを時代錯誤なことを平気でいうらしいて。じゃあ、何で、マスコミに使われるかというと、不勉強なマスコミの社員が、こいつらの書いたものを鵜呑みにして、勉強した振りして、「本が売れてるので」と上司に対するいいわけにもなるというので、使いやすいらしいのう。海外と日本のジャーナリズムを比較する本などを書いておるUTは、はっきりいってトンでも本の類で、日本のジャーナリズムの方がましなことも多々あるようじゃ。売れている、あるいは有名というのと、本物は違うということじゃ。騙されてはならんぞ、各々方。

それはそうと、少し前に、辰吉丈一郎がテレビに出ておったのう。かなり角が取れて丸くなっておったが、生き様は同じじゃった。ええ父親になったのう。もう亡くなられたと思うが、辰吉がええ父君に育てられたからのう。愛妻家じゃし、子供もとても可愛がっておる。彼の中に侍を感じたのう。問題は、これを報じておったのが確かTBSじゃったような気がすることじゃ。記憶違いかもしれん。つまりあの亀田親子とは月とすっぽんじゃということでござる。あの親子だけはもう見たくない。拙者の周りの人間は、彼らがテレビに映ると、チャネルを替えるか、テレビを消す方々が多いようじゃ。各々方もそうじゃろうな。辰吉は、ええよ。ええ男じゃよ。キングカズとか。なんというか、粘る、男。礼儀正しくて、スポーツマンシップで。

そうそう。薬師寺のコメントがよかった。最終ラウンドが終わって、辰吉は、薬師寺に抱きついて、耳元で囁いたそうじゃ。「いろいろいうて悪かった。ごめんな。ほんとに強かったわ」と。試合前の舌戦を指しての事でござる。それを聞いて、薬師寺は、考えて用意していたえげつない勝利コメントを止めて、辰吉を讃えるコメントにした。何でも、この試合は、瞬間風速で、65%以上の視聴率じゃったそうじゃ。亀田親子らには到底真似できない芸当じゃろうな。薬師寺も辰吉も侍じゃのう。涙が出るのう。清清しくて。花山大吉

|

« 社会主義で世襲とは笑止の極みでござる | トップページ | 週刊新潮の押し紙報道は新聞社への意趣返し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 社会主義で世襲とは笑止の極みでござる | トップページ | 週刊新潮の押し紙報道は新聞社への意趣返し »