« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月29日 (金)

ベルーナもベスト電器も倒産した

ほうがええのう。そしてそれを唆した広告代理店の博報堂やらもな。広告代理店は、文化を売るとか文化を創る仕事をしていると考えているらしいが、驕るのもほどほどにせい。何も作っておらんし、口先だけで仕事をする馬鹿者でしかないからのう。障害者等への様々な配慮や優遇措置をなんと心得るか、戯け。本当に困っている人たちを退けて、国民の善意である血税を啜る輩でしかない。広告屋全般にいえるが、もう用はないので退場すべきじゃろう。情報発信は、別の次元に移行しておるからのう。クライアントの問題記事掲載を止めたり、消費者や国民のことなど、難とも考えておらん、法令順守やCSRなんてのも、全くない。御主等は、ごみでしかないのじゃよ。さらば広告代理店よ。花山大吉

| | コメント (0)

2009年5月27日 (水)

小泉純一郎のジュニアから自民公認を外すのは最高のパフォ

ーマンスにうってつけじゃからじゃよ。世襲議員批判に対するあてつけとしてのな。

小泉ジュニアであると、三世だか、四世になるのかしらん。小泉純一郎が応援して回れば、自民党の公認なんぞより、遥かに影響力があり、集票に結びつく。金も掛からない。その上、世襲というよりも「政治家になりたい男がたまたま首相の息子だっただけ」くらいのことをいて、演説して回るじゃろう。自民党にとっても、じゃから世襲を悪と見る向きはおかしいくらいのことを平気でいうようになるじゃろ。

世襲を認めるとしても、選挙区を全く変える、あるいは、他府県でしか立候補できないようにすべきじゃろうな。

北朝鮮は、近々弾けるらしいのう。いよいよシナも焦るじゃろう。花山大吉

| | コメント (0)

2009年5月25日 (月)

北朝鮮には消滅して

もらうほかないのう。人工衛星のではなくミサイルでしかないのは前から明白じゃった。北に甘かった韓国前大統領は自殺したが、偶然の一致とは考えられんのう。核実験と。二重瞼に美容整形するような人間は信じる価値などない。ある半島関係者によると金正日は、どうしようもない輩で、どこの学校にもいるような、いじめられっこタイプらしい。頭が悪く、運動もだめ、親父の威を借る豚だとか。見ればわかるがのう。花山大吉

| | コメント (0)

2009年5月22日 (金)

GMが飛ぶときはトヨタが支援せにゃならん

らしいよ。前にも書いたと思うが、クライスラーがフィアットじゃったから、とりあえず、そういうことになるじゃろう。トヨタは断れんよ。ホンダとちがってのう。花山大吉

| | コメント (0)

2009年5月21日 (木)

暫くぶりじゃのう。豚インフルエンザに罹っていたわけでは

ござらん。いろいろといそがしうてのう。さて、お隣の国は、ずっと前からじゃが、前大統領を逮捕して、死刑にして、減刑されて、いつのまにか娑婆に出てくるということを繰り返しておる。本当に汚職や、親族企業への優遇などがあるとすれば、前から信用してはおらんが、偉そうなことをいう大統領と民は信用するに値せん。そして、そうした事件がなくて、冤罪であるとすれば、これほど陳腐な国はない。プライドばかり高いだけで、中身はない。おっさんのくせに、一重瞼を二重に整形手術した大統領なんていうのも、信じられん。じゃって、自分の顔、男の顔は、人生を映している鏡じゃぜ。数十年連れ添ったその顔に自信をもてなくてどうするよ。平気で痛くも無い顔にメスを入れるバカの神経を疑うのう。それを何タラと病名をつけて、手術する方もするほうじゃ。日本の女子平泳ぎの選手にもおったが、一重の腫れぼったい瞼が格好悪いと思っておるだけの話。その方がいいのにのう。ずっとそれをコンプレックスに感じるのはおかしいじゃろ。それこそが遺伝じゃからのう。

さて、その金を前大統領は、北へ賄賂として送っていたとか。本当かのう。確か金大中も現代グループに金を作ってもらって、北へ金を送って、北の豚主席とトップ会談をして、ノーベル賞を貰ったんじゃなかったかのう。悪いことで得た金を北へ送ってどうするんじゃ?統治能力あるのか?偉そうなことをいう奴に限って、ロクナ奴がおらんのは、洋の東西を問わんのう。花山大吉

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金)

時の総理大臣が手荷物を持っている映像を初めて見た

のでござる。昨日じゃったか、一昨日じゃったかのう。国会の議場を後にする、アホウ首相が、往診する医師が持つような幅の広い黒かばんを抱えて横歩きしている映像をテレビで見たが、これまで鬼籍に入った者も含めて、動く首相の映像で、手荷物をもった映像は始めてみた。書類や、ステッキ、花束、勲章や賞状やトロフィーの授与などは別じゃ。小泉のときは、キャッチボール用のボールやグラブがあったり、橋本のときは竹刀なんてのもあったのう。しかし、手荷物はありえんじゃろ。どうなっておるんじゃろうな。職人をはじめとするお仕事は別として、ホワイトカラーではないが、口先が命の仕事で、荷物ばかり多い者に仕事のできるやつはいないといわれる。これをいう話じゃな。花山大吉。

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

北朝鮮を擁護したあの婆さんの後ろに

M兄弟が見えたのう。在日なのに、国粋主義者を標榜しておるあの男じゃ。誰から金が出ておるのかのう。花山大吉

| | コメント (0)

2009年5月13日 (水)

新聞社系の週刊誌は生き残るかもしれん。

週刊朝日は確かに、気を吐いておるようじゃが、いわゆる闇の勢力や電波芸者にのっかっているだけみたいじゃ。そもそもまともなジャーナリズムを標榜するならば、ジャニーズの番頭みたいなタレントの連載はありえん。武富士からの広告を名前を出さない風景グラビアみたいにして5000万円をもらっていたり、北朝鮮拉致被害者にヌケガケ取材するような雑誌じゃから(抜け駆けはわるいことではないがやるならば、全部抜け駆けして、全マスゴミから白目でみられるくらいやらなければならん。それならば十分存在意義もあり休刊などはまずありえんじゃろ。かつての噂真みたいにのう。あそこは休刊を前から決めておったから、別であるがのう。横並びを守ったり、ときに横並びや協定を破ったりして似非スクープをやるな!)まあ、元々話半分雑誌じゃから角を突き立てることもないがのう。サンデー毎日は頑張っておるが、普通の出版社なら、とっくに休刊じゃろう。ギャラも経費も無いに等しい。

問題は、AERAじゃが、これはカテゴリーが少々ちがうので、別の機会にしようかのう。花山大吉

| | コメント (0)

2009年5月11日 (月)

週刊新潮のおかげで

雑誌ジャーナリズムは衰退するじゃろうな。従前より、拙者は、あの頑固さを評価しておったのじゃが、朝日新聞阪神支局銃撃実行犯の偽手記により、週刊誌ジャーナリズムの最右翼が陥没したことになるからじゃ。週刊文春は女性週刊誌に衣替えされた。ヘアヌードに部数を稼いでいたときに、それまで培っていた記者が愛想をつかしたポストに現代。どちらも今は目も当てられぬ誌面になっておる。現代は確かに頑張っておるが、名誉毀損の立て続け敗訴と赤字体質はなかなか脱却できんじゃろ。

さて新潮じゃが、新潮45にいたの婆さんが、島村なる詐欺師をひっぱってきたらしい。無頼派作家の内縁の妻らしい。文芸とジャーナリズムを履き違えた素人婆もいいとこじゃ。編集長じゃったHも所詮は読み物とジャーナリズムの違いがわかっておらなかったようじゃ。情けないのう。売らんかなジャーナリズムに明日はなござらん。読者に迎合してどうするつもりかのう。読者を教育し育て引っ張る力は週刊誌にはない。もう無理じゃ。遅すぎる。月刊誌Fに期待するしかないのう。花山大吉

| | コメント (0)

2009年5月 7日 (木)

あほう首相はいつ辞めるんじゃ

ろうかのう。どうなっておるのかのう。気が狂っているのう。任天堂が最高益じゃと。多くの子供や、子供大人が、犯罪を起こすようになったのは、ゲームに原因がござる。ゲームなどに現抜かすよりは、現実の、本物の体験が何よりじゃ。そんなことをやるよりも、実を体験することが肝要でござる。任天堂は凄いが、はっきりいって要らん会社じゃな。花山大吉

| | コメント (0)

2009年5月 1日 (金)

三白眼の横浜市長は人相が悪過ぎる

のう。まずぞえ厚生労働相が、「横浜博覧会をやめるべき、危機意識が無さ過ぎる」旨の発言をしたそうじゃが、まさにその通りでござる。金と女と権力と目立つことが大好きなだけで、大した実績は残せておらん。週刊現代との訴訟の行方が楽しみじゃわい。相撲協会のようなことにはならんじゃろう。花山大吉

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »