« 経済事件報道は広告の縛りが解けて弾けるじゃろう | トップページ | トップの耄碌爺から末端の美人記者まで読売はまともではない »

2009年2月18日 (水)

ホンダのインサイトが売れておるらしい

のう。ホンダも輸出戻し税の恩恵を受ける企業の一つじゃが、政治的な動きを自らすることは絶対にないから、いい会社でござる。プリウスが発売されたときに、ホンダの開発担当の幹部が、「ウチが出すときは、絶対に負けないものを作る」と言っておったようじゃ。国策車とは違うということじゃろうし、補助金なんて不要だということを言いたかったようじゃ。性能面で勝負すると。インサイトのハイブリッドは、燃費ではピカイチで、社内が狭かったが、今度は広くなっている。ホンダは、早々に、既存の車、中古車、現在走っている車での、純正環境対策部品(排ガス対策やら燃費対策やら、その他)のオプション部品を手掛けるじゃろ。恐らく、そこに活路を見出すはずじゃ。花山大吉

|

« 経済事件報道は広告の縛りが解けて弾けるじゃろう | トップページ | トップの耄碌爺から末端の美人記者まで読売はまともではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 経済事件報道は広告の縛りが解けて弾けるじゃろう | トップページ | トップの耄碌爺から末端の美人記者まで読売はまともではない »