« セブンイレブンに公取委のメス入るも問題は敏文じゃから | トップページ | 毛唐の国でオバマ大統領をチンパンジーに見立てた風刺漫画が »

2009年2月23日 (月)

大島健伸は、資産隠しに大忙しじゃろう

のう。これから。ケイマンやら、リヒテンシュタイン公国やら、モナコやら、タックス・ヘイブンの国にペーパーカンパニーを作ったり、スイスに銀行口座を作ったりして、会社が傾く前から、資産を拡散分散隠匿しておるからのう。管財人弁護士や、日栄・商工ファンド対策弁護団も洗うのは一苦労じゃろうが、資産はたんまりあるから、褌を引き締めて洗いなおすのが肝要じゃ。花山大吉

|

« セブンイレブンに公取委のメス入るも問題は敏文じゃから | トップページ | 毛唐の国でオバマ大統領をチンパンジーに見立てた風刺漫画が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セブンイレブンに公取委のメス入るも問題は敏文じゃから | トップページ | 毛唐の国でオバマ大統領をチンパンジーに見立てた風刺漫画が »