« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

朝日新聞阪神支局襲撃犯は本物か否か

わからんが、後追いの癖に、読売テレビはワイドショーで、生意気なことを司会やら評論家やらに言わせておったのう。一人凄いと感じたのは梅沢とみおじゃった。手記を載せた実行犯が、服役していたというならば、時効はどうなっているのかとな。鋭い、その通りじゃ。そこには、レポーターも司会もちゃんと触れんで、流してしまいおった。バカばっかりじゃな。梅沢氏のように、何かを極めた方は違うのう。

覚せい剤共同所持で逮捕されたグラドルは、覚せい剤を使用しておったとの報道じゃ。実際にどうなのかわからん。自らの意思でやったのか、相手の男に打たれた可能性もござる。覚せい剤等は、憎い相手をはめるには手っ取り早い小道具じゃから、真相はわからんぞえ。ああいう告発をする場合は、身辺に気を使わないといかん。少し脇が甘かったようじゃのう。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月29日 (木)

ミスター・シンセキは、侍の中の侍らしい

て。オバマ大統領の下で、日系3世の元陸軍参謀総長エリック・シンセキ氏が退役軍人担当の閣僚になったそうじゃ。ブッシュが大統領のときに、イラク戦争は長引くと議会で話したことから、アングロサクソンの権化であるラムズフェルドから忌み嫌われて、更迭された男じゃ。その後、シンセキ氏がいう通り、イラク戦争は長引き、米国軍人の戦死者が後を絶たず、ベトナム戦争以上の戦費がかかっておる。ラムズフェルドを何とか血祭りにあげないといかんのじゃが、米国人は何とも思っておらんのかのう。あの鷲鼻の猛禽類のような男と、シンセキ氏は、比べるべくもないが、予想通りになったとて、自慢することもなく、抗弁することもなく、静かに退いた。が、オバマ氏は放っておかなかったということじゃ。いつも冷静で、聞かれたから冷静な分析を答えたまでということかのう。日本人は凄い民族じゃ。忘れるでないぞ、各々方。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月28日 (水)

父も息子も好色タレントのいしだと好色タレントのやまもとは

好きで好きで仕方ないのじゃろうな。3人とも性風俗で働く方がええじゃろ。芸能界みたいなどうしようもないところでしか働けない人間が、サービス業中のサービス業である性風俗業界での仕事が務まるとも思えないが、誰に文句を言われることなく、性器を使って仕事ができることの方が、他人に面倒を掛けなくてええからのう。詰まらんものを触ってしまった。許せよ、各々方。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月27日 (火)

あんなプロスポーツを誰も見るべきでは

ござらん。何で優勝できるんじゃろうな。あるじゃろ。裏が。見てはいかんよ。何で見る人がいるんじゃろうな。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月26日 (月)

無能で支持率もない人間が首相をやる国など

ほかにないのう。先週、オバマさんが米国大統領に就任された。多分、あの国民とて、馬鹿者ばかりではないから、前大統領なら潰れるところを何とか盛り返すじゃろ。前大統領の半分以下のスピードでな。楽しみじゃわい。ハワイ周辺の事案は買いじゃな。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月24日 (土)

グラビアアイドルじゃった女性タレントが覚醒剤共同所持で

逮捕されたが、昨年、この元タレントが業界内の整形や売春などを暴露したために、闇の組織が動いて、嵌められたと見るべきじゃろうな。所持している男とくっつけて、逮捕すればいいわけじゃから、どうということもない犯行じゃ。海外旅行じゃって、現地のお巡りさんに、ポケットへ薬を押し込まれたり、荷物の中に紛れ込ませたりすることがござる。日本だって、狙われたら、何でもできる。元タレントが実際に持っていた可能性もあるし、その男が持っていたことを知っていたか否か、それもわからん。その男もろとも嵌められたか、その男は嵌めようとした団体の配下にあるのかもわからんがのう。何も後ろ盾なくて暴露する場合は、用意周到にやらんといかん。いろんな意味で、損害を蒙る輩が沢山おる場合は、なおさらじゃ。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月23日 (金)

宝石・貴金属販売の三貴の倒産は

当然じゃろうな。高校卒業したての18、19の若い女の子を大量に雇い、ノルマを課して、若い女性や若い男性の客を唆して、高額な宝石や貴金属を買わせていたからじゃ。ローンを組ませてな。中で働いておったオナゴから直接聞いたことがござるから、間違いはなかろうて。そんな従業員の女の子で、月に60万円も給料を貰ったりするということじゃった。クズみたいな石がついた指輪を、結婚する予定もない若い男性に、それももてなそうな男性にじゃ、「婚約指輪は先に買っておいた方がいい」なんて、訳のわからんことを出まかせでしゃべって、イケイケ系の従業員が多いから、その色気も多少ふりまきつつじゃ。酷い話じゃのう。2000人くらい新卒を採用して、そのほとんどがすぐに辞めるらしい。宝石やら貴金属はもうだめじゃよ。腹の足しになることはないからのう。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

政治家の不倫やらニュース読み女の再離婚など

週刊新潮は凄いのう。警察庁のバカキャリアの暴行事件もそうじゃし。今は無き斉藤翁のスピリッツが感じられるのう。イケイケどんどんじゃな。他はだめ。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

日本電産をほとんどが持ち上げ記事を書く中で

会員制月刊誌Fは、叩いておるのう。凄いのう。新聞も雑誌もテレビもインターネットも見習うべきじゃのう。損保三社の統合もやっとるし、月刊誌で。なんということかのう。要するに、日本に本当のマスコミはないということかもしれんて。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月19日 (月)

 家事は肉体と精神の労働でござるから

主婦は、長生きするのでござろうな。アリナミンじゃったか、雑誌広告に「狩猟民族も農耕民族も、体を動かして仕事をしてきたから、オフィスワークは体が固まる」という主旨のコピーがついておった。その通りでござる。体を動かして、そして動かしながら考える。それが重要でござる。それが滞ったときに、人間の体や精神に異常が起きるということじゃな。人間偉くなって、イスに踏ん反り返っていては何にもならんということじゃな。基礎体力もないのに、週末にゴルフへ行って、無理をする、ハーフの後にビールを飲んで、また回るということで、寿命は、奥方より短くなるはずじゃ。元々女性の方が、長生きするように体がなっているが、肉体と精神をこ気味良く使った家事を長年した主婦は、強いのう。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月16日 (金)

ジャーナリストとして失格じゃ

のう。草薙厚子とかいう女性ジャーナリストの話じゃ。ジャーナリストじゃのうて、売らんかな、俺が俺がのフリーターじゃな。1人で闘う気がないのなら、ジャーナリストを辞めい。ネタ元を裁判所でゲロったというから、片腹痛し。大した覚悟もないのにスクープを気取るとこうなる。訴えられて、負けて賠償金が求められるにしろ、刑事罰が科せられるにしろ、それは甘んじて受けなければならない。それがジャーナリストじゃ。負けるのが嫌だから、裁判に勝ちたいから、ネタ元をばらすとすれば、それは転職の決意を意味しなければならん。訴えられたときのことを考えないでやったとすれば、もうそれは思考が停止しているとしか思えない。思考が停止した者が書いた文章に、信頼度はゼロでござる。小説にするならば別じゃがのう。要するにクズじゃ。

ネタ元は、何があろうと秘匿しなければならない。絶命する寸前に、携帯電話の着信・発信履歴とアドレスを消去するくらいでなければならん。人の褌で相撲を取るようならば、それは遊びでしかない。読む価値はない。己の汚れた褌の中に、いろいろな秘密を隠しながら、己1人で闘わねばならん。ホンにお主は、屁のような……じゃのう。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

W議員離党で大恐慌に陥るのは

必至じゃ。何故か。自民党と霞ヶ関のシステムが崩壊するからじゃな。それは更新とか、再生のためへの第一歩となる大恐慌じゃから、歯を食いしばって耐えよ。日本人ならば、玄米を食って沢庵を齧り凌ぐしかあるまい。さすれば必ず明るい未来が開ける。自民党にいたら選挙に負けるじゃと?よくいうわ、戯け閣僚が。選挙に負けるのではなくて、官僚に負けておるくせにのう。日本国を再生させなければならん。じゃによって、自民党には崩壊してもらうほかない。もう時代遅れじゃからな。さらば自民党。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月14日 (水)

トヨタは自分の手足を食い始めたようじゃが

本当かのう。部長級幹部2200人に新車を購入させるんじゃと。高級車からファミリーカーまで様々じゃから何とも言えんところもあるが、内部留保はどうした?どこへ消えた?それで末端社員にまで危機感を持たせるためか?なんだか、首脳らのしたり顔が目に浮かぶのう。

さて、ギャラばかりが高くて、目新しさもなく、仮に視聴率が取れなくてもテレビ局幹部とのつながりから現場が文句を言われないという安全パイ的なタレント、司会者が首にされるらしいのう。司会者だけでなく、安いタレントにシフトしていくのは、この不況下ではしかたないじゃろう。タレント頼みで視聴率を確保してきたテレビ局はもう駄目じゃろう。知恵と工夫で、安いタレントを使っても視聴率を確保してきたテレビ東京だけじゃろうな、生き残るのは。もう、どこのチャンネルを見ても、バラエティ番組ばかりでいずれも同じように見える。企画力ゼロの目立つテレビ局しかない民放。今更、企画力がある人間を育てることはできんじゃろ。もうバラエティや情報番組は要らん。インターネットに取って代わるからのう。新聞も同様にスクープではのうて、企画力、企画的読み物じゃろうな。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

お笑い芸人が襲撃されたが

犯行は、間違いなくその筋じゃ。芸人があの組織の逆鱗に触れることをしたようじゃのう。ま、これからの芸人の言動や動向に注目しておれば、すぐにわかるじゃろうて。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月 9日 (金)

トヨタはホンダにはなれない

ということじゃ。創業家のボンボンが次期社長になるらしいて。通りで、奥田にしろ、張にしろ、渡辺にしろ、保守的なことばかりいうと思うておった。松下じゃって、創業家を排除できたというに。お里が知れるのう。改革やらなんやらというて、政府の委員になったり、経団連の会長になったり、片腹痛いわ。赤字のときに、どん底のときに、創業家に渡して、後は、業績が上がるしかないということを狙っておるのじゃろう。渡辺には花道は要らんが、この難局は、ボンボンでは乗り切れないじゃろう。何か、乗り切る数字のマジックか、奥の手があるのかもしれんが、数字のマジックの可能性が高い。奥の手は、自動車業界にはないからのう。あるとすれば、前からいうておる、既存車の環境対策オプションや燃費向上オプション部品の開発だけじゃ。奥田あたりは、策士じゃから、これで会社を更にローリングさせて、創業家全部をおっぽり出すことを考えておるかもしれんがのう。問題は、豊田自動織機じゃな。本田宗一郎とトヨタは、月と鼈じゃな。

沢尻某という女優は終わったようじゃな。何とかいうカタカナ業種のおっさんとくっついたらしいて。この2人は、小室夫妻のようになるはずじゃ。何でかというと、もう先がないし、仕事がなくなるからじゃな。他にもあるが、せっかく入籍したんじゃから、今日のところはやめておこうかのう。もう女優業としての仕事はない。色物というかワイドショー的な、「またオバカなことをやっている」と笑われる数分の映像を提供するのがこれからの仕事。それで大衆に鼻で笑われるというわけじゃ。男の方じゃが、陰が薄い。このオナゴに金運も仕事運も女運もすべて吸い取られてしまうからのう。どのような業界にも、俺だけしかできないとか、私だけしかできないとか、勘違いしておる人間がおるが、いくらでも代わりはおる。それを狙って、次々と新人(若手とは限らないがのう)が出てくるからのう。もう沢尻某の穿った穴はもう埋まっておる。いい女優になるかと思うたがさらばじゃな。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月 8日 (木)

今の不況は大企業に限ったものでござる

が、中小企業は、もっと以前から、長らく不況じゃった。じゃから、それで少しずつ体力を付けて、知恵を絞って、創意工夫で頑張っておるから、大企業にぶら下ることを随分前から止めた中小零細企業は、大企業ほど落ち込んではいないじゃろう。大企業は、確かトヨタをはじめとして、これまでたんまりと内部留保を溜め込んでおるはずじゃ。それを吐き出せばよいのじゃ。じゃって、不況に備えて蓄えておくようなことをいうて、それを従業員や株主には回さなかったのじゃからのう。今遣わないでいつ、遣うというのかのう。日本の中小零細企業は、頑張っておる。大手なんぞ当てにしてはならん。頑張ってくれとはたくさんいわれておるじゃろうから、無理せず、気楽に気長に、規模は大きくしなくてええから、ええ仕事を、大手や外国の企業が絶対真似できない製品を作ることじゃな。頼むぞえ。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月 7日 (水)

人材派遣会社は女衒でござるから

すべて廃業させるべきじゃろう。人が働いた銭の上前を刎ねるなんてのは、くずのやること。そんな業種はすべて廃業しなければならんないように法改正せよ。花山大吉

| | コメント (0)

人材派遣会社は女衒でござるから

すべて廃業させるべきじゃろう。人が働いた銭の上前を刎ねるなんてのは、くずのやること。そんな業種はすべて廃業しなければならんないように法改正せよ。花山大吉

| | コメント (0)

2009年1月 5日 (月)

良い事を考えんといかん

明けましておめでとうござりまする。マスコミは、今年が更に景気が落ち込むとか、悪くなるとか、そういうことばかりいうておる。狼少年みたいなもんじゃな。そんなことをいうておると、大企業も潰れて、広告が激減し、マスコミも倒産するぞえ。まじに。とりあえず、空元気でもええから、良い事を考えないといかん。何事も前向きにのう。花山大吉

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »