« 年金のプロじゃと | トップページ | 岡光事件の後処理をした山口氏は »

2008年11月19日 (水)

年金クライシスの恨みじゃとすると

拙者が、前にここで予言したことが少し当たったことになるかもしれんのう。社会保険庁の人間や家族が、逆恨みした輩に狙われるのではないかと心配したことがござった。随分前のことじゃ。こんなテロが許されるわけがござらん。決して解決はせんからのう。じゃが、どうすれば、解決できるか?責任者の処分は?歴代責任者や役人の処分は?というと、結局、何のお咎めもないということになるし、メディアの追求にしろ、司法の責任にしろ、行政責任にしろ、刑事罰にしろ、何にしても、どうにもならんじゃろう。それで犯人は、自ら裁くことにしたということか。年金制度をガタガタにした役人ども、ジャブジャブと聖なる年金を無駄遣いした役人どもを裁かなかった行政や政府も悪いのう。じゃからこんなことをするテロリストを生んでしまったんじゃからのう。

用意周到じゃろう。犯人は、怨恨じゃというても、ほとんど接点らしい接点がないし、年金に恨みのあるものは、役人を除いた一般国民全部ということになるからのう。初動捜査がカギじゃ。犯人を逃がすわけにはいかん。責任を取って自ら死を選んだというのならば、別じゃがのう。むむむ。ひょっとすると、犯人は自殺するかもしれんぞえ。急げ。警視庁の警官諸君。花山大吉

|

« 年金のプロじゃと | トップページ | 岡光事件の後処理をした山口氏は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年金のプロじゃと | トップページ | 岡光事件の後処理をした山口氏は »