« 蒟蒻ゼリーじゃの餅じゃの給食パンじゃの | トップページ | 消費税率上げ議論が持ち上がったのはトヨタの大幅減益が引き金 »

2008年10月24日 (金)

Y新聞は反庶民の新聞に

成り下がったのう。1000万部も張りぼてじゃし。「どうでもいい」という問題解決法についてのコラムがあったのでござる。首相の夜遊びが、庶民感覚からかけ離れていると北海道新聞の女性記者が、ぶら下り取材で食い下がったことを、どうでもいい問題と片付けておる。首相になる前からの習慣じゃと一笑に付したらしいが、冗談ではない。首相になってからは、生活態度も含めて、すべて国民のために尽くさなければならん。味噌を舐めて家で酒を飲めばいいというのかという引き合いの記述もY新聞にあった。首相を擁護しておるだけの体制側新聞じゃから最初から何も期待はしておらんが、首相というのは激務である。酒など飲む暇はない。誰と遭っておるかしらんし、何を策謀しておるかしらんが、酒場で会わなくても良い。小泉はそうしておったではないか。人生のうちで首相でいる間は、僅かであるからして、その期間に全精力を注いで、命を賭して国民に尽くさねばならん。戯け首相と戯け新聞。Y新聞に首相に食い下がる度胸のある記者はおるまいよ。ナベツネも老害を撒き散らしておるしのう。庶民の新聞を返上してもらおうかのう。花山大吉

|

« 蒟蒻ゼリーじゃの餅じゃの給食パンじゃの | トップページ | 消費税率上げ議論が持ち上がったのはトヨタの大幅減益が引き金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蒟蒻ゼリーじゃの餅じゃの給食パンじゃの | トップページ | 消費税率上げ議論が持ち上がったのはトヨタの大幅減益が引き金 »