« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

消費税率上げじゃとよ。ならば輸出戻し税は廃止せよ。今から

国民を馴れさせて、三年後に満を持して、税率を上げようという魂胆じゃろう。情けないのう。ひ弱な政治家。二世、三世首相のやることは。自治体、国家公務員、その他、公的機関の無駄な金はすべて洗い出して、膿を出し尽くしてからにせい。そして、それでも挙げなければならないというときは、輸出戻し税を廃止して、物品税を復活させればよい。トヨタもキャノンも輸出大手は軒並みやられておるからのう。輸出企業なんてどうでもええ。内需拡大じゃ。内需拡大。教育と農業と漁業に力を入れんか!このバカタレが!大企業の味方をするな!花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月30日 (木)

週刊新潮に先を越された

のう。流石、コワモテ週刊誌。鋭いのう。拙者が本日書こうと思うておったのは、新銀行東京のオレオレ知事の無責任と、新銀行東京へ使う金や五輪招致に使う金があれば、病院や、ER、医療施設に使うべきじゃ。というよりも最優先しなければならん。新銀行東京へは1400億円、五輪招致では150億円も溝に捨てておるらしいて。新銀行東京は終わる。二度と妊婦が盥回しされて殺されないようにのう。この国は、人で成り立っておる。この国の資源は、有能で勤勉な人しかござらん。土地も天然資源もほとんどない。子供を産みやすいこと、育てやすいこと、まともな人間を育てること、それが何より最優先される政策でござる。今の金融危機や経済危機は、皆が玄米で凌ぐ気になればなんとでもなる。勝ち組とか呼ばれておる人間には我慢ならんかもしれんが、そういう者はこの国に要らんから、海外でも行くがええ。自己資本比率なんか気にするな。グローバルなことを考えずに、地域がしっかりとすること。それがひいては、自治体、国、世界へと連関していくからのう。

話が逸れてしもうたわい。亡くなった妊婦とご遺族に、オレオレ知事は謝罪せねばならん。そして補償せねばならん。新銀行東京は、この危機で潰す時期がさらに早まるじゃろう。前からいうとるが、買い手は絶対におらんからのう。そして、この1400億円の焦げ付きは、オレオレ知事と都の幹部の私財で贖ってもらうほかない。丸裸になってもらわんと、都民が納得せんからのう。問題は五輪招致の予算じゃ。これも都と知事に払ってもらうのがええじゃろ。何事についても潔くないオレオレ知事は、日本人の名折れじゃ。日本人の恥じゃ。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月29日 (水)

欧米人はご都合主義じゃ

のう。グローバル化じゃ、金融の自由化じゃなんじゃいうて、有色人種に、自己資本比率を押し付けたり、時価会計導入じゃいうては、日本や有色人種国家に、わけのわからないスタンダードを世界常識として迫り、それを梃子に資産や資源を収奪してきたのが毛唐じゃ。F誌の編集長A氏も、ブログで時価会計凍結の愚として、小川元財務省事務次官の素人感覚や政府の愚かさを嘆いておられる。毛唐は、自分たちに甘く、外国と外国人に厳しいからのう。狩猟民族じゃからのう。やつらが勝手に時価会計を凍結するのは許されん。A氏の言うとおり、これからは、国内企業が、ハゲタカとなって、外資本体を丸裸にして安く買い叩かないといかん。三菱UFJみたいな素人金融をやってはならん。これもA氏の受け売りじゃが、その通りじゃな。褌を引き締めよ。国内経営者よ。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月28日 (火)

さて盥回しで亡くなった妊婦の責任を知事は

とらねばならん。お主が何もしなかったからじゃ。国への責任転嫁できん。枡添大臣にもいろいろ批判はあろうが、知事の100倍以上仕事ができるし、頭もええ。やる気が違う。大臣を「ますぞえ君」とは何事か。無礼者め。いつも人を、軽く呼んで、自分を浮揚させて偉くなったつもりでいる愚か者がおる。首相を「純ちゃん」と呼んでみたりのう。「ミシマ」と大天才の侍作家を呼び捨てにしてみたりのう。要するに、引き立て役がおらんと底に沈んでしまうからうじゃろ。その原点は、弟「ゆうじろう」じゃ。彼の人生は、「ゆうじろうの兄」で始まり死後もそうじゃろう。要するにいつまでも「兄」でしかないのじゃ。弟に引っ張り挙げてもらったが、今は誰も引っ張り挙げてくれる者がいないため、自分で、偉い人や凄い人、仕事ができる人を、目下に呼んで、自分を上に押し上げたつもりでおる。誰もお主を偉い人などとは、思っておらんよ。

ますぞえ大臣に先を越されたのう。今年2月から病院から、改善の要望が都に提出されていたが、都は全く動かなかった。まずぞえ大臣は、子育てもやり、母君の介護もやっておられた。大学は東大法学部。俺が俺が知事(オレオレ知事と呼ぶことにしようかのう)は、息子は四人いるが、いずれも女房任せ。介護みたいな面倒なことは一切やっておらんじゃろう。大学は一橋。コンプレックスの塊。妊婦の死にどうやって責任を取るつもりかのう。また責任逃れにクズのような破綻した論理、弁解のロジックを弄するんじゃろう。戯け。晩節をこれ以上汚さんほうがいい。もう真っ黒じゃから。このバカタレが。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月27日 (月)

盥回しされて都立病院で亡くなった妊婦の事件で

あの俺が俺が知事は、「医者は一生懸命やっている。みんな命懸けでやっているんだから、そういう事情も配慮して、すべてを否定するみたいな報道をしてもらいたくない」と語ったらしいのう。バカも休み休み言え。一生懸命やっていたら、妊婦が死亡することはありえん。知事も命懸けでやる仕事だが、御主は、週に数回しか登庁せんし、腰掛、片手間で知事をやっておるよのう。御主は、都がやっておる病院の医師やその周辺を護ろうとしておるんじゃろうが、御主の管理責任が問われる可能性があることを弁えなくてはならん。何を他人事みたいなことを抜かすか、バカタレ。

御主が先に行くべきところを、先を越されて、升添厚生労働大臣が、「都に任せておけない」と病院へ説明を受けに行っている。知事よ、御主は先を越されたのに、御主は自分が行くと、責任を認めることになると恐れておるんじゃろうな。卑怯者め。詰まらん男じゃな、御主は。自分が一番大事で、自分の命や立場を護るのに四苦八苦しておる姿は哀れじゃ。新銀行東京の追加融資毀損も明らかになっておるしのう。切腹する度胸もないし、何が侍か、戯け。赤子が可愛そうじゃ。亡くなった母親が可愛そうじゃ。母親は、天国からバカな知事を恨むじゃろう。これは仕方ないことじゃ。

そういえば、知事が嫌いなシナじゃが、ここんところカップ麺やらインゲン豆などに有害物質が混入する事件が起きておるが、まさかシナから攻撃の矛先を逸らすために、日本国内で、誰かがやっておるわけじゃなかろうとは思うが、その可能性を指摘する話を聞いた。誰かの背後は、謀略で動いておるということじゃが。まあ、話半分で聞いてもらうかのう。花山大吉

| | コメント (0)

消費税率上げ議論が持ち上がったのはトヨタの大幅減益が引き金

じゃよ。ベンツも減益らしいがのう。円高もかなり効いておるじゃろ。トヨタ。もう国から血税を毟り取るのをやめんか。そういえば、輸出戻し税の話で、面白い話を聞いたが、ひょっとするとひょっとするかもしれんのう。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月24日 (金)

Y新聞は反庶民の新聞に

成り下がったのう。1000万部も張りぼてじゃし。「どうでもいい」という問題解決法についてのコラムがあったのでござる。首相の夜遊びが、庶民感覚からかけ離れていると北海道新聞の女性記者が、ぶら下り取材で食い下がったことを、どうでもいい問題と片付けておる。首相になる前からの習慣じゃと一笑に付したらしいが、冗談ではない。首相になってからは、生活態度も含めて、すべて国民のために尽くさなければならん。味噌を舐めて家で酒を飲めばいいというのかという引き合いの記述もY新聞にあった。首相を擁護しておるだけの体制側新聞じゃから最初から何も期待はしておらんが、首相というのは激務である。酒など飲む暇はない。誰と遭っておるかしらんし、何を策謀しておるかしらんが、酒場で会わなくても良い。小泉はそうしておったではないか。人生のうちで首相でいる間は、僅かであるからして、その期間に全精力を注いで、命を賭して国民に尽くさねばならん。戯け首相と戯け新聞。Y新聞に首相に食い下がる度胸のある記者はおるまいよ。ナベツネも老害を撒き散らしておるしのう。庶民の新聞を返上してもらおうかのう。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月23日 (木)

蒟蒻ゼリーじゃの餅じゃの給食パンじゃの

を、咽喉に詰まらせれば、そりゃ誰でも窒息するじゃろ。死に至るかどうかは、水分をとったり、胸を叩いてそれを嚥下できるか否か、吐き出せるか否かでござる。それを自力でできるかどうか、人が助けてやれるかどうかでござる。

それを食品偽装や、シナ製造の有害物質混入食物などと一緒に、「食品の安全」という人くくりにするマスゴミの愚か者や、役人がいかん。口に入れるものじゃから、神経質にならなくてはならんが、それは、役所、メーカー、流通、消費者、それぞれに神経質にならなくてはならん領域がござる。蒟蒻ゼリー、餅、給食パンなどは、消費者がそれぞれに、与える人や周辺が気遣うべきで、それで窒息死した場合、消費者の無知が責任でござる。振り込め詐欺もそうじゃが、これでもかと警告を喚起しておるのに、ひっかかる愚か者がおる。もっと真剣に生きなければいかんぞえ。感度のいいアンテナを死ぬまで立てておくことじゃ。それができなければ死ぬほか無い。勿論、それができないお年寄りもいるじゃろうが、それならば、成年後見人でもつければいい。拙者がいうておるのは、健常者の単なる年配者が騙されておるということじゃ。テレビや新聞でニュースを見よ。そして考えよ。このバカタレが。口先だけでひっかかるとは日本人も落ちたのう。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月22日 (水)

黒船と呼ばれておる外人女性タレントが妊娠結婚した

そうじゃのう。黒船というても、それほどの玉じゃなかろう。アグネス・ラムの再来じゃとかいう説もあったが、アグネス・ラムはあんな下品な顔はしとらんじゃったし、常識と教養を身に付けておった。黒船さんには、それが全く感じられんのう。どこがええのか、さっぱりわからんし、日本語もろくに話せない上に、見かけだけで、歌もろくに歌えないらしいし、芝居などもできんじゃろ。写真だけらしいのう。男は、何だかカタカナ商売らしいが、どうせクズの仕事じゃろ。いなくなっても何も困らんよ。2人とも消えるじゃろ。マスコミが騒いで煽っていただけのジャリタレじゃから、影響はなかろうよ。

そんなことより北朝鮮じゃ。どうやらメルトダウンが始まっておるようじゃ。毛唐である雨公が攻撃しなくても大丈夫だと踏んで、テロ支援国家指定を解除したという見方もあるが、中国もイヨイヨやばくなりつつあるからのう。世界経済が乱気流に巻き込まれておるから、ひょっとするとひょっとするかもしれんて。11月30日に選挙をすると、自民大敗の日になるじゃろうな。民主は、勝っても敵失じゃから、すぐに分裂して、政界再編じゃ。キングメーカー気取りのゴミのような元総理には引退してもらおうかのう。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月21日 (火)

泉井純一氏はまともなオッサン

みたいじゃな。同氏の本を通読する機会がござった。極めてまともなおっさんで、金儲けというか商才があって、気前がよくて、気持ちよく遊ぶのが好きで、下品なことが嫌いみたいじゃ。思いやりがあって、人を持て成すことが上手で、筋を通す。本人のいうておることじゃからすべて信用することもないが、ほぼ事実じゃろ。そして山崎拓はボロ糞に描かれておるが、恐らく、山拓本人は反論の余地がなかろう。あれが事実なら、山拓は引退したほうがええ。生き恥を曝しておるからのう。北朝鮮じゃなんじゃいうても、セコくて、世界観も、政策も、ポリシーもない男には、何もできんよ。山拓。金ばかり無心して散々世話になっておきながら、イザ逮捕されるとなると、金は貰っていない、当分会わないほうがいいと、よくもそう自分に都合よくいうのう。ごみというか、クズじゃな。クズ。クズ政治家。政治家よりも官僚と遊ぶのが好きと描かれていたが、要するに、頭の悪い奴や、筋を通さない奴は嫌いじゃいうことらしいて。まだまだ頑張ってほしいのう。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月20日 (月)

週刊現代はルビコン川を渡ったの

かのう。それともジャーナリズムを放棄して、売らんかな一直線週刊誌に成り下がったのかのう。相撲に八百長があるというのは事実であろう。本気で相撲を取れば、ヒト場所2週間以上も無事に闘えるはずがないからのう。しかしじゃ、ネタ元をバラしてはならん。あの髭を生やしたジャーナリストは、何を護らなければならないのかわかっておらんようじゃ。裁判であれ、国会証人喚問であれ、口を割ることはジャーナリストを辞めることに等しい。絶対にネタ元を口外してはならん。それを初代貴乃花の女房である「藤田憲子氏から聞いた云々」の話をするのは絶対にいかん。講談社に説得されたのかのう。裁判に負けるわけにはいかんと。裁判に勝つには他に方法があるじゃろう。誰も、あの髭ジャーナリストにはネタを振らんよ。だってイザというときに、売られてしまうからのう。資格も規則も何も縛りがないからいうて、甘く見ると必ず痛い目に遭うことになるぞえ。じゃからこそ、金がなくとも、裁判で不利になろうとも、ネタ元を護り、武士は食わねど高楊枝でなければジャーナリストは務まらんのじゃよ。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月17日 (金)

非業の死を遂げたロシア人女性ジャーナリスト遺族

の女性弁護士が、水銀中毒になったらしい。ロシアは野蛮な国じゃ。ロシアの政商は、確かイギリスへ亡命じゃか逃亡しておるはずじゃが、この政商の弁護も務めておるらしい。プーチンは独裁者じゃからのう。目指すのが世界制覇なのかどうかしらん。共産主義時代よりはええじゃろうが、基本的な部分は歴史の闇を背負っておる国じゃからのう。日本人のシベリア抑留やら、北方四島返還やら、手に平を返して友好国の日本に攻め入ったりと、卑怯の塊じゃからのう。ロシア人にも背を向けてはならんぞえ。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月16日 (木)

史上最大の上げ幅に食いつく愚か者が

仰山おるらしいのう。昨日は、証券会社の問い合わせ電話がパンク状態じゃとさ。下がるときに売って、上がるときに買うというのじゃから、もう愚か者というほかなかろうな。浅ましいのう。下がるときに買って、上ってから売らなければ意味は無い。愚かな日本人が、浮利を追いかける馬鹿者が増えたということかのう。金利が低いためにそうなるのも仕方ないかもしれんがのう。銀行屋ばかりが儲けおってからに。じゃから振り込め詐欺みたいなのにも引っかかるし、損をさせられたりするのじゃ。新聞を隅から隅までよく読んで、自分で考える習慣をつけんと、日本も毛唐のようにまた大波を被ることになるぞえ。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

金融危機は回避できたか

と言えば、少しは一息つけそうじゃな。それで騒ぎは一旦、収束に向かうかもしれんが、アメリカの経済は、もうグズグズでござるからのう。穴のある水入り風船と同じで、ちょっと穴を塞いだところで、吹き出してくるからのう。

話は違うが、故緒形拳氏が出ているというので、風のガーデンなるドラマを録画して見たわけじゃが、なんじゃか、北の国からとほとんど変わらん。違うドラマのはずなのに、出てくる役者が同じで、カメラアングルが同じだからかもしれん。頓珍漢な台詞、笑えない駄洒落、建物も自動車もガーデンも格好良過ぎる。NHKの勝海舟で下ろされた脚本家の倉本そう氏がやると全部、同じになる。もうドラマを辞めるという噂もあるが、辞めたほうがええよ。つまらんから。NHKの帽子屋のドラマの方が、数段デキが良かった。予算はさほどかけたようには見えんドラマじゃがのう。1回目は重要で次を見るか見ないかはここで決まるが、もう見るのをよそうかのう。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月14日 (火)

ダライラマが胆石の手術じゃと

さ。拙者は、チベットを応援しておる。しかし、金時計をしたダライ・ラマ14世については、いろいろと噂を聞いておる。曼荼羅を麻原に売ったという噂やらいろいろあるからのう。まあ、それはそれで裏も取れん話じゃからええとしてもじゃ。胆石は、脂っこくて、美味いもんばかりを食べておるからできるんじゃないのかのう。仏教徒だから肉を食うなとは言わん。じゃが、最高指導者は、範を示さないとならん。質素倹約じゃ。水が悪いのであれば、罹る病気は、胆石でのうて、腎結石か膀胱結石じゃ。メラミンでやられたシナの赤ん坊たちが腎結石で苦しめられておる。なんじゃか、皮肉じゃな。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月12日 (日)

テロ支援指定解除はボロボロなアメリカが

北朝鮮に武力制裁する余裕がなくなったということじゃな。経済が、国内がもうどうにも立ち行かなくなっておるからじゃな。勝ち組と言われた輩の。戦争を仕掛ける余裕もないほど疲弊しておるということじゃな。国の信用もないからのう。借金漬けで。あの国も張ったりだけじゃからのう。よその国の金でジャブジャブやっておっただけじゃからのう。きんしょうにちは死んでおる可能性も高いというのにのう。あの集団指導体制を米国が操れるラインができた見えたようには見えんから、それはアメリカを買い被った見方じゃろ。もうあの国にそれだけの力はない。北に拉致されておる、わが国民を助けることが最重要課題じゃ。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月10日 (金)

半島北のバカ共を中心に戦争へと発展する

雲行きになってきたのう。世界の経済が逆回転を始めたことも拍車を掛けるかもしれんて。第三次大戦にはならんじゃろうが、局地戦は増えるじゃろ。腹を空かせた民を抱える国がたくさんあると、戦争に発展しやすくなる。日本国の各々方、冷静に冷静に巻き込まれないように、頼むぞえ。花山大吉

| | コメント (0)

ノーベル賞は毛唐が生んだ賞じゃが

やはり嬉しいのう。シナや半島はまだまだじゃて。野蛮じゃからのう。やはり毛唐は、アジアの中核となると、日本の発展を恐れておったんじゃろうな昔から。そして今も。基本的なわが国民は、勤勉で、忍耐強く、武士道精神を持って事に当たるからのう。八犬伝ではないが、仁義礼智忠信孝悌じゃのう。4人も出たとは凄いことじゃ。米国籍じゃか米国在住の方もおられるようじゃが、わが国民というか、わが民族は、優れておる。必ずや道は開かれる。世界の経済が疲弊しておるが、挫けるでないぞえ。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月 9日 (木)

安倍晋三や福田康夫も引退すべきじゃ

ろうな。小泉だけじゃなくてのう。羽田孜もじゃな。海部とかは引退したんじゃったかな。暗愚の帝王と言われた森喜朗は、絶対に次の選挙に出てはならん。キングメーカーとは片腹痛し。政策能力もない、何も知らない、度胸もない、話もできない、女と酒と料亭が好きというクズのような政治家も滅多におらん。よくこんな政治家を当選させるのう。ろくでもないデベロッパーがついておったのう。夫婦でやっておるAPAじゃったかのう。とにかく首相を退いたら辞める。そういう決まりにしようではないか。森の息子はできが悪くて、後継は無理じゃろ。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月 8日 (水)

任天堂のWiiだかが毛唐企業から訴えられた

のではなかったかのう。旧聞に属する話じゃが。まっこつ、毛唐は、儲かっている奴からいかにして毟り取ろうとするかを考える輩ばかりじゃ。要するにクズじゃな。逆に儲かるものは独占して、決して他者に渡さず、ロイヤリティーで掠め取るからのう。黒い溝鼠しかり、マイクロなんとか然り、イン何とかしかりじゃ。精神が腐っておる。欧州になると、ときおり特許やら商標やらを取らないで、ユニバーサルな考えで、皆がよくなってくれればよいという思想もあるがのう。

黒い溝鼠グループなどは、ジャングル大帝のすべてをぱくっておきながら、手塚治虫先生には、何の断りも、ロイヤリティも払っておらん。ご子息もご子息で、溝鼠グループならば光栄ぐらいのことをのたまっておったような記憶がござる。渇!甘いのう、メディアプロデューサーじゃったかしらん。ご子息。甘いよ。逆じゃったら大変なことになっておるからのう。確か、熊の何とかは、原作者と揉めておるじゃなかったかのう。要するに、浦安なんかよりも、後楽園や花やしきや豊島園の方が楽しいということじゃ。溝鼠に財布を齧られまくるからのう。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月 7日 (火)

ピンクリボン運動でいろいろなメディアが

乳がんに関連した、企画を報じておる。その中で、学んだのは女性ホルモンが原因じゃということじゃ。ここ数年来、乳がんの発症が急増しておるそうな。はっきり言うて、ナゼ、急増するのか、そこがわからんのう。早期の発見ならば治るから、日頃から検診をすべきじゃというのはよくわかる。

拙者は素人じゃが、やはり環境ホルモンやらと関係があるんじゃなかろうかのう。環境ホルモン物質で、多くの生物が、女性化する傾向がある。ナゼ、女性化するのか。男性化しないのはどうしてなのかのう。女性の方があらゆる意味で耐性があったり、抵抗力があったりするからのう。そういうことで、女性化するのかもしれんがのう。世の女性は、今のところ、早期発見のために、常日頃から検診を受けてほしいのう。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月 6日 (月)

大麻吸引や所持で逮捕される相撲取りやら若者やら芸能人が

後を絶たないのう。変な薬を服用して、マンションの部屋から飛び降りた頓珍漢な男優や、一部の人気女性ブログで、大麻の安全性などを訴えたりしておる。わかっておらんな。大麻が有害か否か。そんなことは問題ではない。日本は、絶対に合法化せんから、安心せい。馬鹿者。

大麻の成分や効果や副作用などはどうでもええのじゃ。それではことを見誤る。何故、絶対に合法化されないかというと、役人の仕事がなくなるからじゃよ。利権がなくなるということじゃ。日本の役人はこれまで自分たちの領分だった仕事を奪われることを嫌う。じゃから合法化はない。絶対にな。

将来的にあるとすれば、二つの要素が揃わねばならないのう。それは、大麻合法化で奪われる仕事に代わる仕事を役人に与えることじゃな。それともう一つ、純粋な日本人が今後も激減し、多数の雑多な外国人が流入して、街角でもどこでもお構いなしに大麻を吸いまくるような輩が大挙するようなことになった場合じゃ。当局の役人も足りなくなってきて、間に合わないというわけじゃ。よほど目立つことをせずに、公序良俗を脅かすことはない範囲で見逃される可能性はないではないがのう。

じゃが、そんなものを吸うてなんになるのかしらん。折角生まれてきたからには、そんなことに時間を費やさずに、有効に時間を使うべきじゃ。安全性や合法化を考えることも無駄じゃな。要るか要らないかと云えば要らんものじゃからな。花山大吉b

| | コメント (0)

2008年10月 5日 (日)

井上前国土交通大臣が引退じゃ

とさ。拙者の読み違いでござったのう。じゃが、潔い引き際でござる。なんじゃろうな、この侍ぶりは、近頃にないのう。感服した。しかし何か裏があるとは思いたくないのう。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月 3日 (金)

女優が芸名を改名じゃ

とさ。フジテレビの平日昼前までのワイドショーの司会を下ろされたらしいのう。視聴率が取れないからじゃろうな。見ていて頷いているだけじゃ仕方ないからのう。たかぎさやとかいう女優らしいて。他にも報道バラエティの司会をやる、あずまちずるやらがおる。男優でも司会をする者がおる。何故かというと、仕事がないんじゃろう。かといって映画やドラマや芝居への情熱もさほど感じられなくて、金だけは欲しいというタレント、とか芸能人じゃな。役者で司会業へ進出するということは、役者を舐めておるに他ならない。司会は視聴者が求めていることの、さらにその先を読んで、仕切ったり、切り込んだり、結んだりしなければならん。見掛けや声がいいだけじゃ務まらん。

役者を真にやりたい者は、主役であれ端役であれ、自ら芝居や映画やドラマを仕掛けるからのう。持ち出し覚悟で。それは役者というものが好きじゃからじゃろう。

何を言いたいかというと、役者も司会業も舐めた者が、司会をやるのでござる。何でもやるタレントは、問題外じゃがのう。

ただ一人だけ例外がおる。テレビ朝日の昼のワイドショーを仕切る、大和田莫じゃ。疑わしいやつには、かなり切り込んで質問するし、よく勉強しておる。役者じゃったとは思えないくらいじゃ。また誉め殺しになったかのう。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月 2日 (木)

会員制月刊経済誌Fの編集長氏の写真を見た

のでござる。ブログの。麻生太郎首相にぶら下りインタビューをしている。首相になるまえじゃが、記者クラブを出し抜く形じゃ。やるのう。ただ、このツーショット。編集長のA氏は、東京乾電池のアヤタ氏にそっくりで、思わずわろうてしもうたげな。ジャーナリストとしては立派な方じゃと思うが、どうなんじゃろうか。なんじゃか、麻生太郎氏に阿っているような気もするのう。それと河野洋平の後継女性にエールを送っておる。まあ、ええかのう。花山大吉

| | コメント (0)

2008年10月 1日 (水)

ロシア人元力士が法廷で証言したら

大変なことになるじゃろうな。週刊現代、講談社の丸抱えじゃな。やるのう。なかなかできんよ。あの雑誌でスポーツビジネスのルポをやっておるが、骨も棘もないような気がする。毒にも薬にもござらん。作家の方が書いておられるが、前に、大手色物芸能プロのお家騒動と暴力団と懇意なお笑い芸人のことを書いた人じゃな。この方は、どうも勘違いされておるようじゃ。エッセーならええが、叩くような記事を書くならば、それなりの業物をもって臨むべきじゃろう。持っておるような持っておらないような、ふにゃふにゃした記事で気持ちが悪いのう。いいか悪いかでないものを目指すならば、それなりのやり方がござろう。スポーツジャーナリストなのかのう。ようわからん。斬るならば、刀もよく砥いでおく必要がござる。切れ味が悪いと、血飛沫が飛び散り、相手も苦しむからのう。読み終わったあとの読後感がないというのはめったにないことなんじゃがのう。まあええわい。

少し前にワイドショーで、丁髷を結うておる議員がおるが、「相撲に外国人を入れるな」というておった。それはある意味正しい。じゃが「外部の血を入れて、相撲協会をよくするべき」と主張したジャーナリストに噛み付いておった。全く噛み合っておらんかった。どちらも間違いじゃと思わなし、矛盾しておらんが、丁髷さんは相手の話を聞くことが大事じゃ。まさか頭の中が筋肉ということはあるまいがのう。政治家に向いていないのかもしれんのう。花山大吉

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »