« あのM兄弟が小池の後ろに | トップページ | ロシア人力士の弁護士はズラじゃ »

2008年9月 8日 (月)

相撲を国技とするのは

もう辞めた方がええのではないかのう。単純なルールで、気の短い人間が観戦するにはぴったりじゃが、外国人力士ばかりで、品のない力士ばかりで、違法なことも平気じゃ。これは理事長以下が、まともでないから不祥事が連続する。プロスポーツであるが、これも腐敗する土壌になっておる。弓道を見てみ、剣道を見てみ。力もあるじゃろう、瞬発力もあるじゃろう、じゃが格闘技ではござらん。真剣勝負、何でもありの格闘技では話にならん。所詮、商売、興行の世界の話。それが国技とは笑止じゃ。大麻じゃと、やっておるよ。相撲協会がびびって、大麻陽性の力士の検体を検査機関に出さないのじゃよ。それは、陽性と出るからじゃ。出たあとの対応を考えてから、出すのじゃろうな。図体ばかりで脳みそは小さいようじゃな。日本の文化の一つとして、保護して、文楽や能みたいな形で残したほうがええ。理事長以下全員切腹せよ。侍ならばな。花山大吉

|

« あのM兄弟が小池の後ろに | トップページ | ロシア人力士の弁護士はズラじゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あのM兄弟が小池の後ろに | トップページ | ロシア人力士の弁護士はズラじゃ »