« ソフトボールとシンクロナイズドスイミングは | トップページ | 確かASさんは信者じゃろ »

2008年8月22日 (金)

ソフトボール選手はようやった

のう。本当に涙が出たわい。全員が男の子みたいにお転婆なのじゃが、皆、可愛らしい。元気がええ。どの娘も輝いておるのう。宇津木妙子さんの教えが今、効いている感じもするのう。前にも書いたが、まだ正式種目になる前の五輪で、参考種目みたいな感じでやっておったときに、初めて見て、凄いスポーツじゃと感じた。が、それと同時に、客席に何人か、控えの選手だか、補欠の選手が陣取っておって、彼女らが、会場に流れる音楽に合わせて、揃って踊りながら応援しておった。楽しそうにのう。なんという格好いいスポーツじゃろうと思うたよ。野球みたいな泥臭さがなくてのう。やはり採点スポーツは、全部五輪から排除して、こういう面白いスポーツを残すべきじゃろう。棒と球があればできるスポーツじゃからのう。

それにしても毛唐が勝つように、ルールから、試合の運び方まで決められておるのに、ようそれに従って闘ったのう。毛唐もたじたじで、最後は日本の凄さを称えたようじゃ。ソフトボール選手全員に国民栄誉賞をあげたいところじゃのう。花山大吉

|

« ソフトボールとシンクロナイズドスイミングは | トップページ | 確かASさんは信者じゃろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソフトボールとシンクロナイズドスイミングは | トップページ | 確かASさんは信者じゃろ »