« 五輪に合わせている | トップページ | ドラマ「監査法人」がああなってしまった »

2008年8月20日 (水)

女子マラソン選手ポーラ・ラドクリフの

話が出ておった記事に思うことがござった。少し前の記事じゃが、ラドクリフは、不調でええ感じで走ることができんかった。じゃが、自分のための五輪だからと、完走したわけじゃ。応援に来た親族のコメントもあって、「彼女のための五輪だから、楽しめばええ」というコメントじゃった。そこにあの俺が俺が知事の話が引き合いに出されておった。小説家崩れの。確か「「オリンピックで惨敗して、楽しんでくりゃいいなんてバカがいたけど、こんな選手がいる限り日本は絶対勝てない。楽しむなら、自分の金で行けばいいんだ。惨敗してすいませんでしたなんて当たり前だ。日の丸を背負って、税金で行ってるんだから」というようなコメントじゃ。お主は、税金で、夫人同伴で海外旅行して、できの悪い息子も一緒じゃったかな。スィートルームに泊まって、ただ遊んできただけというのが山ほどあるじゃろ。自分の金で行け!バカタレ。週に2、3回しか登庁しないで、食ったり遊んだりしておるくせに。お主は、もう出涸らしじゃ。晩節を汚さぬように気をつけんと大変なことになるぞえ。新銀行然り、市場移転・土壌汚染然り、五輪然りじゃ。もう駄目じゃよ。お主は。花山大吉

|

« 五輪に合わせている | トップページ | ドラマ「監査法人」がああなってしまった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五輪に合わせている | トップページ | ドラマ「監査法人」がああなってしまった »