« やはり金は死んでおる | トップページ | 五輪に合わせている »

2008年8月18日 (月)

四年間の集大成が五輪である

筈じゃが、運がないというか、準備不足というか、気合が足りないというか、誠に残念な選手が沢山おるのう。じゃが、本人たちもよう自覚しておるじゃろうし、厳しいことはいうまい。じゃが、周りにおるコーチや監督や、選手のOB、OGみたいなのは、適切に指導しておるんかのう。トラブルになると責任回避するようなのは御用済みじゃ。まだ全競技が終わったわけではないが、勝負に負けて試合に勝つのがええのか、勝負に勝って試合に負けるのがええのか、わからんのう。一番ええのは、勝負にも試合にも勝つことじゃが、ルールや細かい小手先のことがあるからのう。トップアスリートは、ちょっとしたことで、差が出る。それが、トップアスリートのトップアスリートたる所以じゃからのう。プロは、そこを攻める。トップアスリートは、あらゆる側面からそれを、追及する。いろいろと考えさせられるのう。限界に挑戦するとしても、限界を超えると、破壊してしまうからのう。どんな強靭な肉体でも。儚い。それがスポーツじゃのう。花山大吉

|

« やはり金は死んでおる | トップページ | 五輪に合わせている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やはり金は死んでおる | トップページ | 五輪に合わせている »