« キムタク総理のドラマは | トップページ | 生体肝移植組長の話はスクープ »

2008年7月11日 (金)

大分県の教員採用裏口試験で

ようやく解った気がするのう。教員によるエロ事件やらトラブルが頻発する理由がのう。偉そうなことをいう奴にろくなのはおらん。教師が買春したり、強姦したり、痴漢したり、あらゆるトラブルを頻発させるのは、コネで採用されるバカで駄目な人間ばかりだからじゃったということじゃ。県議会議員も、教育委員会幹部も、校長も、また採用されたバカ子息も切腹すべきじゃ。

国家を成す根幹の教育をなんと心得るか、糞戯け者が!!!一般的な論調ならば、息子が可哀想じゃいうかもしれんが、バカ息子はバカ息子でしかなく、賢い息子ならば、「糞オヤジ!つまらん裏工作をすな!!バカタレ!!!」いうて、窘めるのが普通じゃろ。教師に向いておらんどころの話ではない。狂った親子関係じゃ。また父親は、子の向き不向きを見極めねばならん。お前には教師などできんぞとな。こんな教師に教わった子供たちこそ、不幸じゃ。

弁護士、教師、政治家など先生と呼ばれる職業のいうことは、まともに聞いてはならん。世間知らずで傲慢になっておるからのう。こうした屑共は、国を破壊する原因を作っておる。教師は、公務員だからいうて安泰な職業ではない。甘い考えを捨てよ。教師の周辺におる労働団体も目を覚ました方がええぞ。お主らにも国を崩壊させた原因があるからのう。よう考え。このバカタレどもが。花山大吉

|

« キムタク総理のドラマは | トップページ | 生体肝移植組長の話はスクープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キムタク総理のドラマは | トップページ | 生体肝移植組長の話はスクープ »