« 男版・森光子を目指すのでは | トップページ | 海老で欲呆けを釣るとは »

2008年7月 2日 (水)

オーストラリア男子自由形の水泳選手の

名をなんといったかのう。長身で、全身タイツみたいな水着の選手じゃよ。あの選手は、引退したのかのう。確か、ステロイドだか、成長ホルモンだかのドーピングが発覚したはずじゃなかったかのう。どいつもこいつも薬に頼るやつが多いのう。

それはともかく、オーストラリアは、凄い政治家やら政府幹部がおるのう。太い人間ばかりじゃ。何でも、財務省のケン・ヘンリー財務次官が、絶滅危惧種のウォンバット115匹の面倒を見ていて、今月26日から5週間の休暇をその面倒のために充てるらしいて。それで、その休暇の間に開催される、オーストラリア連邦準備銀行の理事会を欠席するんじゃと。この問題で、ラッド首相は、個人的な問題だと発言したり、「政権発足以来、国内経済は国際的な大きな圧力と難題の下にある」とした上で「私の知る限り、これまで財務次官はまったく休暇を取っていなかった」と擁護しているそうじゃ、凄いやるのう。

実は、この首相も、オーストラリアのネイティブ、アボリジニの強い支援者らしいて。概ね次のような内容の事件もあったはずじゃ。アボリジニの会議だか、イベントだかがあるために、重要な会議(国会じゃったかもしれん)を欠席したいと、議会に諮ったらしい。案の定、与野党から反発を食らって、認められなかったとか。 当日、会議の首相が座る席には、首相がおったそうじゃ。が、それは等身大の首相の張りぼて写真。凄い政治家じゃて。侍じゃて。

また、そこで首相の対応に怒り狂った野党も凄いコメントをしておった。「首相、お前がそういう態度なら、俺たちも今度からそうするぞ」とな。ええ国じゃのう。花山大吉

|

« 男版・森光子を目指すのでは | トップページ | 海老で欲呆けを釣るとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男版・森光子を目指すのでは | トップページ | 海老で欲呆けを釣るとは »