« 四川省地震をカルマというた | トップページ | 某組長が生体肝移植手術を受けたUCLA病院へ »

2008年6月 2日 (月)

永久追放じゃと

偉い国になったもんじゃのう。もう五輪じゃなんじゃという状況じゃないらしいぞえ。天変地異と人為的災害(人災)が大挙する事態はござらん。何を優先すべきか、それすらわかっておらん。カルマじゃ、因果応報じゃというて何が悪いか。血迷うた似非愛国者なぞ、国が崩壊したら、雲散霧消するに違いないぞえ。我が国におるような国士がどれほどおるかのう。米国中年セクシー女優も毅然としてほしいのう。全然問題ない。崩壊は秒読みじゃからのう。花山大吉

|

« 四川省地震をカルマというた | トップページ | 某組長が生体肝移植手術を受けたUCLA病院へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四川省地震をカルマというた | トップページ | 某組長が生体肝移植手術を受けたUCLA病院へ »