« ミズノは何故SPEED社とライセンス契約を継続しなかったのか | トップページ | ミズノがSPEEDO社へ違約金3億円超を支払 »

2008年6月 9日 (月)

侍の松田丈志に比べ北島康介は歯切れが悪い

のう。SPEED社の水着が解禁になるそうじゃのう。三社の開発担当者も経営陣も形無しじゃな。経営トップと開発担当者は、辞職した方がええよ。まじで。それにしても、世界新を出しても、北島は歯切れの悪い男じゃのう。侍ならば、日本を背負うならば、ミズノへ違約金を払っても、SPEED社の水着を早くから選択すべきじゃった。ゴールした後に、あれだけのガッツポーズをした割には歯切れが悪いコメントじゃし。試合前からそうじゃし。前は、ミズノを着て闘うみたいな、水着は競泳にあまり関係ない、五月蝿いな、煩わしいみたいな、偉そうなことをいうとったではないか。そうじゃろう。それが、あの狂うらようなガッツポーズ。己の力でなくて、水着じゃろ。体調は万全じゃなかったいうし。そんな姿勢では、お主、下手すると、五輪で勝てぬぞえ。まじで。浅まし過ぎる。勝てるのは、しっかりと己をもった、何事にもぶれない侍じゃ。

北島には、がっかりさせられた。格好悪。じゃのう。五百歩譲っても、お主が、最初に、SPEEDの水着を着て、泳ぐべきじゃった。バタフライの松田丈志選手に、完全にお株を奪われた。彼は、ミズノの社員じゃいうでないか。それもミズノの了解を取らずに着て出場した。北島は、ミズノの了解を得て着て出場したんじゃろ。屑じゃよくず。ミズノと金で契約しただけの男。それを蹴散らすくらいの大和魂、武士道を北島には見せてほしかったのう。金でミズノと契約しているとしても、四年に一度の五輪。これまでの金を返済して、「申し訳ありませんが、勝つためにはSPEEDの水着を着ないとだめです。貴社がそういう水着を開発できなかったことにも責任がある。それに何故、SPEEDとの契約を更新しなかったのですか。そうすれば、こんなことにならなかった。まあ、いろいろ事情はおありでしょうから、それはそちらで片をつけるでしょう。僕は、これまで頂いたお金に違約金を上乗せして払います」とミズノに云えばよかったのにのう。それをやってSPEEDの水着を着て、金メダルを取ったときに、国民はどれほどの賞賛を送るかしれん。そうすれば、はっきりいって、英雄じゃよ。英雄。

また、そういう北島の話を聞いて、ミズノが「性能のいい水着を開発できなくて申し訳なかった。金メダルを取るために、SPEED社の水着を着てください。お金も返さなくていいし、違約金も結構です。頑張ってください」と云ったら、ミズノの株もあがったじゃろうな。日本国民は、そういう潔さが好きじゃからのう。

北島には、今までの数倍のスポンサーが付いたはずじゃ。そういうことが日本人は好きじゃからのう。がっかりじゃよ。北島。

拙者は、松田丈志(ミズノ)の名前を覚えたし、お主が、侍であることを死ぬまで忘れんでのう。お主は、勝てるぞえ。お主は、ミズノの社員にしとくには惜しい男じゃよ。まじで。花山大吉

|

« ミズノは何故SPEED社とライセンス契約を継続しなかったのか | トップページ | ミズノがSPEEDO社へ違約金3億円超を支払 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミズノは何故SPEED社とライセンス契約を継続しなかったのか | トップページ | ミズノがSPEEDO社へ違約金3億円超を支払 »