« 某組長が生体肝移植手術を受けたUCLA病院へ | トップページ | ヒラリー婆さんの巨額借金は副大統領になれば »

2008年6月 4日 (水)

米中年セクシー女優は誤解されたよし

でござる。四川地震を因果応報と感じたらしいて。じゃが、チベットの人々は、被災者や中華に手を差し伸べるという姿勢に、涙が出たんじゃと。ちゃんころは、やはりどうしようもないのう。自分たちが中心にいる中華思想じゃから、誰かを助けることもしらんし、助けられることが当然じゃと思うとるのかのう。天は自ら助くるものを助く。女優は、また謝罪などしとらんらしいて。勝手に因果応報のところだけ、抜書きされて、インタビューの全体を見れば、ちゃんころどもの浅はかさがわかるということじゃ。実際に、拙者も原文を見たが、確かに普通の当たり前の話じゃった。セクシー女優とお手合わせ願いたいとすら思うたよ。ディオールやら映画会社やらは、倒産した方がええよ。これからは、このセクシー女優の映画は、自腹で見に行くようにしようと思うておる。拙者は、天罰じゃと思うておるよ。単純で、頭が悪く、熱しやすく冷めやすい過激な民は、自滅するほかないからのう。下等じゃよ。下等。

そういえば、船場吉兆の一家は、生活に困らんだけの金を残しておるらしいのう。屑じゃのう。じゃが、死ぬまで婆や息子や、笑われ続けるからのう。晩節どころか、孫子の代まで汚され、笑われるからのう。孫は、学校なんかで、給食に、残飯を食器に盛られるかもしれん。お前の婆がやったことだから、お前も平気だろう、などといわれてのう。死ぬまでじゃなくて、死んでからも笑われ、蔑まれるじゃろうな。金を残しても、世間の嘲笑と罵声が聞える中で、息を引き取るのはどんな気持ちじゃろうな。花山大吉

|

« 某組長が生体肝移植手術を受けたUCLA病院へ | トップページ | ヒラリー婆さんの巨額借金は副大統領になれば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 某組長が生体肝移植手術を受けたUCLA病院へ | トップページ | ヒラリー婆さんの巨額借金は副大統領になれば »