« 侍の松田丈志に比べ北島康介は歯切れが悪い | トップページ | ナベツネが1000万部維持の大号令を »

2008年6月 9日 (月)

ミズノがSPEEDO社へ違約金3億円超を支払

って、ライセンス契約を早期解除したんじゃと。なんじゃかのう。それを有価証券報告書で、特別損失として計上しておったよ。創業100周年を記念して、MIZUNOブランドの水着を作る戦略だったそうじゃ。また、北島がミズノと複数年契約しておったときは、ミズノとSPEEDOはライセンス契約しておった。じゃから契約の内容にもよるが、逆にミズノに対して、「なんじゃ、SPEEDOの水着が着られないのは契約違反ではないか!」と北島が噛み付くこともできたわけじゃ。ミズノも狂っておるし、北島も腰抜けじゃのう。そして、水泳連盟も三社しか着られないような契約を結び、金を無心しておたったということじゃのう。金と金メダルとどちらが大事か。正しく言えば、目先の金と、志のある金メダルじゃ。金メダルを狙う志の先には、自ずと金も付いてくる。金がないと勝てる練習ができんのかのう。金メダルが取れるとええのう。

それにしても侍じゃな。松田丈志は。何を最も優先しなければならんかわかっておる。何を犠牲にしなければならないかもわかっておる。見上げた志じゃ。花山大吉

|

« 侍の松田丈志に比べ北島康介は歯切れが悪い | トップページ | ナベツネが1000万部維持の大号令を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 侍の松田丈志に比べ北島康介は歯切れが悪い | トップページ | ナベツネが1000万部維持の大号令を »