« 御手洗さん、輸出戻し税を廃止してから消費税率上げ | トップページ | 真鍋かをりに大和撫子を見た »

2008年5月22日 (木)

豊洲土壌汚染とゼネコンと知事の関係

築地市場の移転予定地で、ベンゼンが環境基準の4万倍を超える土壌汚染が判明したのう。土壌汚染対策費用は、1400億円以上になるとの試算もござる。まるで珍銀行東京へぶち込んだ額以上になるということじゃのう。土壌汚染をやる会社というのは、ここのところスーパーゼネコンが力を入れておる。建物や構造物の建築と一体じゃからのう。また建築廃材や、汚染土壌(産廃処理・無害化処理)の処理もやっておるからのう。要するに、この移転計画は、土壌汚染も含めて、スーパーゼネコンを設けさせるプロジェクトなんじゃ。秋葉原の再開発もそうじゃったしのう。確かあれは鹿島じゃったかのう。旧態依然のとんだ土建知事じゃよ。もう東京五輪もおしまいじゃろう。珍銀行東京と土壌汚染豊洲。青梅市の開発の問題もあったのう。ここで腹を切って辞めたほうがええのう。何も成功しておらんよ。晩節を汚したのう。もう隠居しとれ。このバカタレが。花山大吉

|

« 御手洗さん、輸出戻し税を廃止してから消費税率上げ | トップページ | 真鍋かをりに大和撫子を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御手洗さん、輸出戻し税を廃止してから消費税率上げ | トップページ | 真鍋かをりに大和撫子を見た »