« トヨタは国策車プリウス報道の火消しに躍起じゃ | トップページ | シナ人とテレ朝は信用できんのう »

2008年4月22日 (火)

弁護士は何を弁護すべきなのかのう

光市母子殺害事件の差し戻し審判決が出たのう。被告の弁護団は狂っておるのう。そして、本村氏は侍でござるな。マスコミの下らぬ、バカで、浅はかなあらゆる質問から逃げず、淡々と思慮深い、意味ある、重い言葉で回答していた。クズコミは話にならんのう。何とかいう女性ジャーナリストが、供述調書だか、精神鑑定書類をぱくって本にしていたが、そういうのばかりじゃて。我も我も、俺が俺が、私が私が。売らんかな。我を。売れればいいという活字は屑じゃのう。花山大吉

|

« トヨタは国策車プリウス報道の火消しに躍起じゃ | トップページ | シナ人とテレ朝は信用できんのう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トヨタは国策車プリウス報道の火消しに躍起じゃ | トップページ | シナ人とテレ朝は信用できんのう »