« 弁護士は何を弁護すべきなのかのう | トップページ | 狂牛病発症は時間の問題じゃ »

2008年4月23日 (水)

シナ人とテレ朝は信用できんのう

野村のシナ人がインサイダーをやりよったのう。入社1、2年で、M&Aの中枢に携わったという。それは当然じゃ。じゃって、明日にでも大金を稼ぐ能力のある輩を中途で採用するでのう。でなければ雇わん。それを、テレ朝の報道ステーションでは、古館一郎が「入社1、2年の人間がそのような中枢で仕事をできるのはおかしい」旨の発言をしておった。バカじゃのう。何も知らんのう。そういう能力があるから、M&Aの中枢で仕事ができるし、できる輩を採用しておるのじゃよ。バカじゃのう古館。シナ人は信用できんし、その素養があった。事件を引き起こす人種じゃったということじゃ。金貸しと株屋は、卑しい職種でござる。それにシナ人が加わったらどうなるかということじゃのう。花山大吉

|

« 弁護士は何を弁護すべきなのかのう | トップページ | 狂牛病発症は時間の問題じゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 弁護士は何を弁護すべきなのかのう | トップページ | 狂牛病発症は時間の問題じゃ »