« かの国の人に背を向けるな! | トップページ | メジャーリーグのパイオニアは野茂じゃ »

2008年4月12日 (土)

特番のドラマSPは新たな視聴者獲得のお浚いじゃな

確かに新展開もなくて、評判になったから、深夜枠で見られなかった視聴者のために、これまでのお浚いをダイジェストでやったという感じで、新しい展開はござらんかった。ようやっと録画しておいたのを見たわけでござる。病院占拠の回は見ていなかったので、面白く見ることができたが、もう少し軍人を勉強したほうがよかったかもしれんのう。まあ、自衛隊上がりで仏蘭西外人部隊にいたような奴にすべきじゃった。ま、テレビじゃから仕方ない。ダイハードみたいにするなら、劇場映画版でなきゃ予算的に厳しいじゃろうからな。あと公安の取調べがポイントではあったが、それは当然じゃろうなという感じじゃな。でも実際の公安は、天下国家なんてどうでもよくて、自分たちの組織防衛に汲汲としているだけの無能な組織じゃ。いろんな情報を持っているようで持ってはおらんし、オウム事件を始めとして情報把握能力、インテリジェンス能力はないとは言わんが、素人に毛が生えた程度じゃ。あれほどの事件を未然に防ぐことができなかったし、他にも大事件に発展したが全く探知できておらんかった。よく公安の人間が、本丸に行き着くまで対象者を泳がせておいたという言い訳をするが、それは嘘じゃ。対象者を泳がせて、最終目的である国家の安定を目的としているかのように振舞うが、今では泳がせることが目的化しておる。対象者やその組織がなくなると、仕事がなくなるからだ、などと言い訳をする輩もおる。それもある意味、当たっておる。捜査のための捜査みたいな、鶏と卵みたいなことになっておる。よく血圧や心臓疾患のある人が、塩分を控えた食事をする。本来、美味しい食生活をして長生きし楽しい人生を送ることが最終目的なのに、塩分排除が目的化して、塩分を親の敵のように扱ったりするケースがある。塩分を控えるのはええが、それは目的ではないからのう。要するに公安は、何もせんで情報だけを握って嬉しそうにしておる組織じゃ。実際には情報も大したものがないのじゃがのう。元公安調査庁キャリアでジャーナリストのN氏は、インテリジェンスの何たるかを、ブログでよく説いておられるが、まさにその通りで、日本の公安を嘆いておられる。話がそれたが、本当の公安警察を勉強したら、あんなドラマ的な展開はござらん。ま、それはドラマじゃから堪忍ということじゃろうかのう。楽しいドラマじゃないと詰まらんからのう。知らぬ方が面白いことを書けるということは確かにある。さらに知った上でさらに面白い物を書けることもあるにはあるが、達人じゃないと難しかろうのう。花山大吉

|

« かの国の人に背を向けるな! | トップページ | メジャーリーグのパイオニアは野茂じゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かの国の人に背を向けるな! | トップページ | メジャーリーグのパイオニアは野茂じゃ »