« ついにルビコン川を渡った道路暫定税率 | トップページ | ゴミの山を隠すゴミの様な国 »

2008年4月 2日 (水)

馬脚の当たり年かのう今年は

道路特定財源にしろ、日銀総裁人事にしろ、新銀行東京の存続にしろ、いろいろと馬脚を表す年となってめでたいのう。副知事のバカが、週刊経済誌でえらそうなことをいうとるそうじゃが、奴は偽者じゃからのう。これまで何度も書いておるように。奴は、ジャーナリストとしても作家としても政治家としても中途半端じゃ。地獄に落ちることは間違いない。道路公団改革を骨抜きにした張本人じゃからのう。そろそろ奴を袈裟懸けに叩き切るジャーナリストがいてもおかしくないが、大手マスコミにはおるまいて。どこから刺客が出てくるかののう。その鞘当てと斬りあいが楽しみじゃて。言論のチャンバラじゃな。花山大吉

|

« ついにルビコン川を渡った道路暫定税率 | トップページ | ゴミの山を隠すゴミの様な国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ついにルビコン川を渡った道路暫定税率 | トップページ | ゴミの山を隠すゴミの様な国 »