« 竹内結子の前夫がまた女と浮名 | トップページ | フォードがタタにジャガーとローバーを売却したという »

2008年3月26日 (水)

「俺が俺が知事の後釜」を「俺が俺が副知事」が狙って

火消しじゃとさ。両方とも作家崩れ。片一方は作家じゃったが、もう一方はジャーナリストじゃったような、評論家じゃったような、記事のパクリ屋じゃったような、鵺のような生き物じゃのう。新銀行東京問題で、火の手が上がり、俺が俺が副知事は、かつては追及する側にいたはずじゃのにのう。何をやっておるのかのう。この戯け。道路公団も骨抜きにしたくせに。お主のやることは底が浅い。底麻。格好ばかりつけて、肩書きばっかり気にして、権力ばっかり気にして。手柄が好きで、褒められたくて、偉くなりたくて。「あまり格好付けすぎて格好悪いよね。はい次」と言われて、大手広告代理店のアートディレクターは、奮起したそうじゃ。それを未だにそのままやっておるからのう。結局、じゃが副知事の実情は、すべてその反対側にいるということじゃ。いちいちここで反対の語を書くことはせんがのう。超格好悪いということじゃ。知事も同じじゃがのう。彼らは、共通項が多い。そして開き直る。本職でできの悪い奴が政治家に流れる話を前にしたが、少女買春の前科がある5流お笑い芸人が、九州の知事になったことで、俺ならもっとできるのにと考えておるはずじゃ。5流は通っただけで、何もできんよ。もう既に馬脚を現しておるがのう。俺が俺が副知事は、三白眼に近く、いつも難しい顔をしておる。そういう見掛け倒しの奴にロクナやつはおらん。知事と副知事は、早く退場するべきじゃのう。花山大吉

|

« 竹内結子の前夫がまた女と浮名 | トップページ | フォードがタタにジャガーとローバーを売却したという »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竹内結子の前夫がまた女と浮名 | トップページ | フォードがタタにジャガーとローバーを売却したという »