« 野菜ソムリエは蕎麦の食べ方をしらんのかのう | トップページ | 堤真一扮するオガタが警視庁SPを志望した理由 »

2008年2月 1日 (金)

ナポリのゴミ問題とダイオキシン

何でもイタリアのナポリがゴミで溢れておるらしいのう。マフィアと政治家が絡んでおるらしい。イタリアでは、ゴミを焼却しないことになっておるのかのう。焼却すればいいというもんござらんからのう。イタリアのセベソという街の化学工場で1976年に爆発事故が起こり、辺りにダイオキシンを撒き散らして、大変な被害を及ぼした。ゴミを低い温度で焼却すると、ダイオキシンが発生する。ダイオキシンを発生しないといわれるガス化溶融炉も作っていないようじゃ。ダイオキシンが発生しないというのは嘘じゃからからかもしれんて。ガス化溶融炉は欠陥商品じゃからかのう。銀行が破綻しても、取り付け騒ぎにならないお国柄じゃから、パニックにならずおっとり構えて、リサイクル、リユース、リデュースを実践して、ゴミの減量化に努めることが肝要じゃのう。花山大吉

|

« 野菜ソムリエは蕎麦の食べ方をしらんのかのう | トップページ | 堤真一扮するオガタが警視庁SPを志望した理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野菜ソムリエは蕎麦の食べ方をしらんのかのう | トップページ | 堤真一扮するオガタが警視庁SPを志望した理由 »