« お笑いコンビDTのMをガキタレントグループ上がりのHが | トップページ | 黒人大統領の誕生は大賛成じゃ »

2008年2月19日 (火)

さぶプライムローン問題に男色の匂いがするのう

米国の低所得者向け住宅ローン「さぶ」プライムローンの破綻、それを保証する「きん」融商品だがが、「もの」ラインじゃ。なんじゃか、さぶだの、きんだの、ものだの、男色あるいは男の下半身の言い換えが多数出てくる。まあ、毛唐の国じゃから、サブなんて雑誌やらしらんじゃろうし、キンと言われてもピンとこんじゃろうし、モノと言われても、一本のと勘違いする可能性はあるが、男根を想像する輩はおらんじゃろうて。悪い冗談じゃ。堪忍じゃ。

それはともかく、昨日の朝刊にある匂いを嗅ぎ取れたのう。朝日は、東芝の新世代DVD{HD-DVD」事業からの撤退をトップ記事に持ってきておった。まあ、スクープじゃないとしても十分な対応じゃ。日経は、何と、日銀総裁の後継人事を持ってきよった。武藤がいろいろやっておることは知っておる。前にもここで書いたが、日銀は、旧大蔵省・現財務省の草刈場となる。間違いない。日銀の独立性は全くなくなる。何が環境整うじゃよ。笑止千万な記事じゃのう。これは予想ではござらんぞ。話がそれてしもうたげな。問題は、その横の二番手なのか、三番手なのかわからん記事じゃ。東芝をもってきたは、いいが、何と「東芝半導体新工場、岩手・三重で一斉着工 08年度最大1兆8000億円投資」じゃという見出しを打っておる。要するに東芝のヨイショ記事じゃ。ブルーレイシステムに負けて撤退するというだけじゃ、株価は下がる。勿論、撤退するからには、新たに柱を造らないといかんからのう。しかし、ある報道では、フラッシュメモリじゃか、反動体じゃかしらんが、世界一を目指すんじゃと、それはないじゃろう。意気込みとしてはわかるがのう。駄目押しが23ページの科学面じゃよ。「3次元LSI 演算能力20倍に 東芝と米スタンフォード大」なる記事も載せておる。何とかバランスを取ろうとした日経に政治的な匂いを感じるのう。それが正しいかどうか。非常に微妙じゃ。日経は政治家の新聞であるからのう。花山大吉

|

« お笑いコンビDTのMをガキタレントグループ上がりのHが | トップページ | 黒人大統領の誕生は大賛成じゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お笑いコンビDTのMをガキタレントグループ上がりのHが | トップページ | 黒人大統領の誕生は大賛成じゃ »