« 再度申し上げよう子育ては国家を成すこと也 | トップページ | 16~17のガキ相手に飛び道具はいかん »

2008年2月27日 (水)

絶対に黒字はありえんぞえ新銀行東京

甘いのう。あの俺が俺が知事も。新銀行東京については、経営失敗の責任を感ずるなどと、謝罪したらしいではないか。なんと、平成23年度に黒字化するという再建計画に関して、「十分、実現の可能性があるものと評価している」というたらしいのう。甘いのう。頭の構造がどうなっておるのかのう。口を酸っぱくしていうが、新銀行東京は破綻するぞえ。金融は、人の銭で銭儲けをする、元々が最も卑しい商売じゃ。シェークスピアの時代から蔑まれた業種じゃによって、お公家や役人やエリート意識の方々には無理じゃな。高い金融知識と金融技術を持った欧米の人間を連れてくれば、何とかなるかもしれんが、それには高い俸禄を払わんとならんから、まず無理じゃ。何もできないくせにプライドばかり高い知事と、その周辺が連れてこられるようなエリート金融屋じゃ、奇麗事ばかりで何もできん。国内の金融は、すべて血税で再生させてもらった銀行ばかりじゃでな。縮小させて、上手く手仕舞いできる方法を考える時間稼ぎじゃろうな。これは。じゃって、「新銀行東京よ、お前は既に破綻しておるぞえ」じゃからのう。お前は既に死んでいるみたいなもんじゃ。

東京五輪は、仮に招致できたとしても、8年後じゃからその前に、このトラブルで知事のプライドも地位も地に落ちるんじゃないかのう。ひょっとしたら、国から手を差し伸べてもらうのかもしれんのう。都民の金をドブに棄てさせて、最後は、国民の金で穴埋めすることになるかもしれんのう。下手すると、経営責任を問われて、裁判沙汰か、最悪、刑事罰が下ることもあるのう。この調子では、汚すどころか、晩節はないのう。才能が枯れた癖に未だに文士気取り、腹を切る度量もない癖にミシマと呼び捨て、侍という言葉が好きみたいじゃが、ほとんど道化師みたいに見えるのは拙者だけかのう。

それほど侍が好きなら、良いことを教えようかのう。あの歳で、知事が本物の侍になる最後のチャンスかもしれんからのう。この新銀行東京の経営を立て直したらの話じゃ。小説にしろ、政治にしろ、大した成果や、実績も残しておらん。張ったりや脅しに腰砕ける、貧弱なお坊ちゃま議員を2人も国会に送り込んだ罪も許し難いのう。日本のケネディ家じゃと。笑止。中身のない張ったりだけの人間に限って、プライドや権力ばかりにすがりつくもの。俺が俺が知事に明日はないぞえ。泥を被って仕事をしたときに人は本物になるからのう。泥を被って仕事をし、毎日、登庁して汗水流して立て直したら、侍と認められるであろう。花山大吉

|

« 再度申し上げよう子育ては国家を成すこと也 | トップページ | 16~17のガキ相手に飛び道具はいかん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再度申し上げよう子育ては国家を成すこと也 | トップページ | 16~17のガキ相手に飛び道具はいかん »