« 儲かるわけがない焼却炉 | トップページ | そんなことをあの神は認めておるのかのう »

2008年2月 5日 (火)

民族を護るための戦時体制を玄米で乗り切れ!

午後のワイドショーと言う奴は概して、頓珍漢なことを平気で垂れ流しておる。かつてオウム事件のときに、坂本弁護士のビデオをオウム信者に見せて弁護士一家は殺されてしまった。それで死んだ報道といわれたテレビ局じゃ。このテレビ局は以前から偏向した報道がよくされておる。話が逸れたのう。その番組は、お笑いコンビHのMが司会をしておる。以前は、昼にやっていたようじゃがのう。このMがまた頭が悪くて、面白くない。何故、頭の悪くて面白くない芸人を司会に使うのかのう?コンビだったデブの相方Iは、頭の回転がよく、大食いで、非常に面白いのじゃがのう。それはともかく、中国産餃子の事件を受けて、わが国の食糧自給率の低さやらをやっておった。米と芋は、100%自給できるという話になったときに、農産物の自由化云々という展開になり、このMは、あろうことか、「農業は、地球温暖化にもいい」などとわけのわからんことをいうておった。ばかもん!農業は、環境破壊産業である。地球温暖化にいいじゃと?たわけたことをいうな。温暖化ガスの排出量は、地上でのカーボンニュートラルじゃから、食物となる植物系での温暖化ガスで大きくプラスマイナスがあろう筈がないんじゃ。カギになるのは、樹木や森林じゃが、森林じゃって、老木はそれほど二酸化炭素を吸収せんし、排出する一方になるからのう。笑えないお笑いバカが、バカも休み休み言わんか。したり顔で言われるから困るんじゃ。見ている主婦が信用してしまうではないか。バカドモのワイドショーに解決策など提案できるわけもないんじゃが、この番組も尻切れで終わっておった。答えではないが、ヒントを出そうかのう。

とりあえず、信頼できる国産食糧の自給じゃ。それを考えなければならん。じゃがそれを考え実行するまでに繋ぎをどうするかが問題じゃ。そこで以前、当ブログで書いた、玄米じゃ。純国産の玄米を食うて、水を飲んで頑張ればええんじゃ。そんなこと無理じゃと思うじゃろうが、いざとなれば、日本人は賢いし頑張り屋じゃ。じゃから、毛唐や大陸・半島系の民族は、大和民族を恐れるじゃのう。ゴミ問題がいい例じゃ。リサイクルじゃ、分別じゃ、ゴミを減らすんじゃ、というのが浸透して、すぐに満杯になるはずじゃったゴミの最終処分場は、かなり先まで余裕がある。ただしゴミ発電は、ゴミを大量に出さないと成り立たない二律背反じゃ。これは、低脳な役人と御用学者が作り出した徒花でござるから、全く評価はできんがのう。話が逸れてしもうたげた。いざという時は玄米で乗り切るしかない。これは、民族を護る食糧自給の戦時体制でござる。花山大吉

|

« 儲かるわけがない焼却炉 | トップページ | そんなことをあの神は認めておるのかのう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 儲かるわけがない焼却炉 | トップページ | そんなことをあの神は認めておるのかのう »