« まだまだ書き足りないのじゃが今年はそろそろ | トップページ | 参院参考人質疑とヅラとトリプルA »

2008年1月 5日 (土)

テレ朝の環境問題特番は雑な作り

新年いっぱつめから小言を言いたくないのじゃがのう。仕方がない。まだ、大小が研ぎから戻って来んから、台所の出刃で刻むしかないのう。切れが悪いが、堪忍じゃ。1月4日の夜に、元プロレス実況アナウンサーによるうそ臭い司会で進む、テレ朝の環境問題番組がござった。この番組の中では、いくつか粗が目立ったが、どうしても切らないとならんはものがござる。それは、美少年俳優を使った旧ソ連の干上がった巨大な湖の話の部分じゃ。何でも干上がった湖底部分には、塩が堆積しておるということじゃった。それが、舞い上がり、空気中にも塩分が充満しておるとか。それで、健康を害して、女性は重い貧血になるとか、肝炎になるということじゃった。何故そうなるのか、度素人にはわからんのに、何の説明もなかったのでござる。空気中の塩分を吸うと、血圧が高くなるとか、心臓によくないとかいうなら、何となく度素人にもそんなもんかのう、と納得しやすいが、それすらない。スポンサーに圧力を掛けられたのではないかのう。大気汚染みたいな。トヨタのCMが流れておったしのう。その後の、気候変動からローマ帝国の崩壊を見るというのも、一見なるほどと思うたが、ボーリングをして、これがローマの部分の土だなどと、脈絡もなく言われても説得力はなかろうが。それよりも昔かもしれんし、あるいは新しいかもしれんぞ、その地層は。なぜ、そのような大事な部分をはしょるのかのう。金髪女性の研究者の意見をもっと聞きかたったのう。キャノンとトヨタは環境に優しい会社なんじゃとさ。片腹痛いのう。今年もよろしうにのう。花山大吉

|

« まだまだ書き足りないのじゃが今年はそろそろ | トップページ | 参院参考人質疑とヅラとトリプルA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まだまだ書き足りないのじゃが今年はそろそろ | トップページ | 参院参考人質疑とヅラとトリプルA »