« 再生紙偽装による利益はいかに処理するかのう | トップページ | 野菜ソムリエは蕎麦の食べ方をしらんのかのう »

2008年1月30日 (水)

本業の出涸らしが政治家になるのかのう

エコノミストにしても、アナリストにしても、芸人にしても、弁護士にしても、作家にしても、タレントにしても、俳優にしても、アナウンサーにしても、ジャーナリストにしても、官僚にしても、スポーツ選手にしても、プロレスラーにしても、医者にしても、サラリーマンにしても……、なんにしてもそうじゃが、本業ではイマイチで、既に賞味期限の終わった出涸らしの人間が政治家になっておるようじゃ。衆参両院議員や知事など、すべてに当てはまる。それでなければ、二世か三世か四世。とりあえず、二世への後継は禁止にするとかできんのかのう。利権構造ができあがっているから、周辺に巣食う輩には、これまで通り気軽に使える政治家がどうして必要じゃからそうなるんじゃろうがのう。一任期だけは、妻子血縁関係は禁止にしたら、少しはましになるかもしれんて。党人派というのがかつてはいた。これもいただけないが、まだましじゃろう。花山大吉

|

« 再生紙偽装による利益はいかに処理するかのう | トップページ | 野菜ソムリエは蕎麦の食べ方をしらんのかのう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再生紙偽装による利益はいかに処理するかのう | トップページ | 野菜ソムリエは蕎麦の食べ方をしらんのかのう »