« スポーツクラブは出会いの場でござる | トップページ | 髭剃り剃刀の刃の数はどこまで増えるのかのう »

2007年12月18日 (火)

交通事故程度でも報道されるのは可哀想じゃのう

ここで度々書いておる、顔は可愛いが性格と態度が最悪の女優Sの運転する車が大型バイクと出会い頭の事故を起こしたそうな。そんなことまで、ただいま入ったニュースをお知らせしますなんて調子で流されてしまうじゃから、かなわんのう。そんなことよりもっと他に流さにゃならんニュースは沢山あるし、21歳やそこらで、運転も未熟じゃろうし、運動神経もそれほど良さそうではないから、交通事故くらいおこすじゃろう。原因は、右折しようとしたSの前方不注意じゃと。これを、自分本位の運転だとととらわれんとよいがのう。それも最近では、氏名でなく、名前のEに様を付けて報道されておる。完璧に弄られて笑われる対象になっておる。賞味期限切れと、拙者も前に書いたが、もういいじゃろうて。芸能ジャーナリズム、芸能レポーターも、もう少し大人の寛容さを持ったほうがよいぞえ。まあ、それがわかっとったら、そんな職業に就かんじゃろうがのう。子供相手にいつまでも根に持ってはいかんぞえ。あの、記者会見でのふてぶてしい態度だって、呼ばれてカメラ構えてたら、Sが勝手にやってくれただけで、取材に関しては、記者もカメラマンも何の努力もしておらん。そんなもんはジャーナリズムでもないからのう。一人でこつこつと事件のスクープを取材することがいかに大変か。会員月刊誌Fの編集長A氏が、ブログでええこと書いておるから、読むとええぞえ。花山大吉

|

« スポーツクラブは出会いの場でござる | トップページ | 髭剃り剃刀の刃の数はどこまで増えるのかのう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スポーツクラブは出会いの場でござる | トップページ | 髭剃り剃刀の刃の数はどこまで増えるのかのう »