« シウマイはやりすぎでないかのう | トップページ | 12人も吸引しとった関東学院大ラグビー部員 »

2007年12月 3日 (月)

環境装置メーカーで元ポンプ屋のE

現在は環境装置メーカーで元ポンプ屋のEは、コンサルタント会社に巨額マネーを渡して裏金を作っておったようじゃ。どうも追徴課税されたもようじゃのう。確か三年ほど前にも同じようなことをやっていたはず。要するにまともな営業では、欠陥焼却炉を自治体等に納入できないのじゃのう。おはずかじゃ。あそこにFという中興の祖ともいえる、実力社長がおった。Fは常に、政府の審議会の委員などをしたりして、御用学者に自社のプラントを推してもらっておった。

その後に社長になったのは、なんとメガバンク出身のIで、スイスだか欧州だかで、銀行の支配人を務めた同社初の文系社長。それまでは技術屋あるいは研究者が就いたのじゃったが、Fの意のままになること。そしてこのとき、どうしても金を調達したときの借りを返すことと、金の面でさらに手腕を発揮して欲しかったということじゃ。スイス建ての何やらで、Eに関して巨額のマネーを海外で調達した実績があるらしいて。

いずれにしろEは、有害物質垂れ流すことしかできない焼却炉を政治力や裏金で押し込み営業するしかないのじゃ。地盤がぐずぐずな産廃埋立地の上に平気で欠陥焼却炉を設置したりすることもやっておる。環境のEじゃと。片腹痛いわ。このバカタレが。花山大吉

|

« シウマイはやりすぎでないかのう | トップページ | 12人も吸引しとった関東学院大ラグビー部員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シウマイはやりすぎでないかのう | トップページ | 12人も吸引しとった関東学院大ラグビー部員 »