« やはり八百長だったのかのう | トップページ | 環境装置メーカーで元ポンプ屋のE »

2007年12月 1日 (土)

シウマイはやりすぎでないかのう

シウマイメーカーのKがお詫びしておった。豚肉の次に帆立貝を列記したとかじゃ。どこぞのテレビ局では、重さの順にというておった。確か国営的放送局じゃったのう。そうじゃのうて量じゃろう。じゃが、誰もそんなこと知らんのでないかのう。多分、その順番の違いで謝罪しなければならんのなら、ほとんどの食品表示が問題になるんじゃないかのう。どうかのう。却って、あれはいい宣伝になったような気がするぞえ。たかがシウマイの会社がここまで謝罪するとはのう、逆に、ということで評判が上がる可能性も高いぞえ。また、それでライバルメーカーは、もっとあくどいことをやっておって、蒼くなるということも考えられるぞえ。ライバル潰しといいこぶりっ子じゃ。大して痛手はないであろうしのう。まあ、すぐにまた美味いシウマイ弁当を販売するじゃろうて。復活した白い恋人は、売り切れ続出じゃというし、シウマイもそうなるぞえ。きっと。花山大吉

|

« やはり八百長だったのかのう | トップページ | 環境装置メーカーで元ポンプ屋のE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やはり八百長だったのかのう | トップページ | 環境装置メーカーで元ポンプ屋のE »