« 12人も吸引しとった関東学院大ラグビー部員 | トップページ | H監督は辞任じゃと »

2007年12月 5日 (水)

流行語大賞はジャーナリストIに送るべきじゃ

消えた年金が流行語大賞に選ばれて、厚生労働相が貰いに行ったらしいて。じゃが、消えた年金という言葉を作ったり、使ったりしたのは、民主党のN議員じゃというのが夕刊紙に出ておった。流行語大賞の事務局からNの事務所に電話が入り、授賞式への参加を打診したそうで、Nはビデオレターでなら出られると答えたところ、そのまま事務局からの応答は途絶えたそうな。ところが、いざ授賞式になったら、厚生労働大臣が舞台に立っていたということじゃ。どうかのう。こんな流行語大賞なんぞほしいのかのう。

それはともかく、消えた年金を追究していたのは、N議員じゃのうて、ジャーナリストのIじゃて。確か、論際事件やら、新聞社や記者クラブの問題点、リクルート事件、朝日新聞社の名物OB記者の接待疑惑、竹下登の闇を追究してきた硬骨漢じゃ。今は副知事のとなったIの下働きをしていたことがあるそうじゃが、副知事と比べるべくもないほどの腕利きらしいぞえ。消えた年金の流行語大賞をやるなら、ジャーナリストのIじゃ。間違えるではないぞ。事務局も夕刊紙も、N議員事務所も。このバカタレが。花山大吉

|

« 12人も吸引しとった関東学院大ラグビー部員 | トップページ | H監督は辞任じゃと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12人も吸引しとった関東学院大ラグビー部員 | トップページ | H監督は辞任じゃと »