« 週刊Bは、かの宗教団体に毒されとる | トップページ | 中古車販売会社のTOB成立について »

2007年12月14日 (金)

書き飛ばすBJのYに失笑

少し前に、BJのYと大手新聞社が全面対決と記したことがござる。そのときに、BJのYは何をブログに書いたかを知らぬ御仁がおるようなので、ここでいうておこうかのう。「大手新聞社Aの記者が、Y洋行のゴルフ接待を受けていた」とBJのYが報じたことが発端じゃ。A社は、Yに噛み付いた。A社は、内容証明を送りつけたり、弁護士を立てて、Yの有料ブログ記事を削除しろと迫ったそうじゃ。謝罪の有無はしらんが、Yはばっくれた。Yはいうておくが、ガンプの世界じゃによって、よく逆切れする。さらにいうておくが、フォレスト・ガンプとガープの世界の造語でござるぞ。

ブログではこう書いてあったそうじゃ。「この内容の記事を書いたのは、当ブログだけでのうて、週刊誌Sも書いているのに、なぜ、俺にだけ噛み付くのか」と。お恥ずかしい限りじゃ。

記事の削除や謝罪を求められて、切れるまではまあええとしよう。しかし、ここで、本物のジャーナリストならば、噛み付かれた相手に、事実を示して、「お前は間違っている、来るなら来い」と噛み付き返すのが普通。ところが、赤面指数100を超えるようなことをのたまうのでござる。「何で俺に噛み付くのだ?あいつも同じことをしているんだから、あいつも一緒に噛みつけよ」と、さらにA社があまりにしつこい電話を掛けてくるので、逃げるように切るのでござる。底が見えたというか、底が浅いというか、裏を取っていないというか、とほほじゃのう。週刊誌Sへこのネタを流したのは、BJのYかもしれんて。このガンプタレが!花山大吉

|

« 週刊Bは、かの宗教団体に毒されとる | トップページ | 中古車販売会社のTOB成立について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週刊Bは、かの宗教団体に毒されとる | トップページ | 中古車販売会社のTOB成立について »