« 髭剃り剃刀の刃の数はどこまで増えるのかのう | トップページ | 消費税率引き上げはトヨタとキャノンを儲けさせるだけ也 »

2007年12月19日 (水)

毛唐はどこまでも舐め切っておるのう

サブプライムローンの破綻については、かの月刊誌Fがかなり早い時期に報じておるが、この後に及んで、毛唐の国では、この破綻処理のために、基金を設立するそうじゃ。それは勝手じゃが、邦銀にも出資を仰ぐとは何ごとぞ。自己責任の国であろうが。自分のことは自分でしなさいと。住専のときに、わが国は毛唐に金を出せというた憶えはござらん。人の国を焼け野原にして、破綻した銀行やら、ゴルフ場やら、不動産やら、企業やらを安く買い叩いて、高く転売しては、巨額の浮利を得ているはずじゃ。それを充てなんとかせい。バカにしておるくせに、米軍の思いやり予算やらも含めて、すぐに無心してきおる。このバカタレが。花山大吉

|

« 髭剃り剃刀の刃の数はどこまで増えるのかのう | トップページ | 消費税率引き上げはトヨタとキャノンを儲けさせるだけ也 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 髭剃り剃刀の刃の数はどこまで増えるのかのう | トップページ | 消費税率引き上げはトヨタとキャノンを儲けさせるだけ也 »