« 後も頼めない恋女房とはのう | トップページ | シウマイはやりすぎでないかのう »

2007年11月30日 (金)

やはり八百長だったのかのう

何だかがっかりでござる。目障りな女性タレントWの件じゃが引退せんのじゃと。多分、まだ次のステップへの金が貯まっておらんのじゃろうが、もうええわい。ところてん式に次々に、可愛くて頭の回転がよくて面白くて若い女性タレントが出てくるので、時間の問題じゃろう。賞味期限はとっくに切れておるでな。それとM前事務次官の家じゃが、長女が猛者らしいのう。この長女なら留守を任せられるかもしれんが、あまり暴れると、次女に後を託さんんとならんかもしれんて。

ところで、どこぞのスポーツ紙に、プロレスラーのAと、物議を醸しているプロボクサーKの父親のツーショット写真が出ておった。何でもAは、前からK親子を擁護しておるらしい。興行の世界じゃのう。Aの言い分は、プロスポーツだから、仕方がない、見たくない奴は見なければいいというておるそうな。プロスポーツというか、興行というてほしいのう。そしてプロレスは、試合じゃなくて芝居じゃからのう。この論理からいくと、K親子のボクシングの試合も芝居じゃったということになるぞえ。ルール違反やら不届きの数々を問題視されておるのがよくわかっとらんようじゃ。プロレスなどルールはあってなきに等しいが、あるのはシナリオじゃ。ときどきその通りにいかないことがあるようじゃが、それはそれで興行としては面白いのじゃがのう。手垢のついたセリフじゃが、スポーツは筋書きのないドラマでなければならんのでござる。シナリオのある芝居ではないぞえ。

ルールを守った真剣勝負がボクシングでござる。履き違えるでないぞ。このバカタレが。花山大吉

|

« 後も頼めない恋女房とはのう | トップページ | シウマイはやりすぎでないかのう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 後も頼めない恋女房とはのう | トップページ | シウマイはやりすぎでないかのう »